必要経費|どこまでが認められますか?経費の話

必要経費|どこまでが認められますか?経費の話

■仕事に関することが明確なら必要経費

必要経費とは、所得を得るために必要と認められる費用のことです。総収入金額からこの必要経費を差し引いた額が、所得金額となります。自宅で個人事業を営んでいるような場合には、どこまでが必要経費か、判断に迷うところです。

例えば家賃や水道光熱費。業務に必要である部分を明らかにできれば、その分に関しては必要経費と認められます。家賃なら、少なくとも仕事部屋の面積分は必要経費であり、水道光熱費は、支払金額の内、仕事の割合に応じた額が必要経費です。交際費や接待費も、仕事に関することが明確であれば必要経費となります。不動産所得の場合は、その不動産を取得するための負債利子や修繕費等は必要経費となります。

 

<年末調整に関するすべての疑問を解決したい方はこちら>

・「年末調整ガイド|年末調整に関する疑問すべて解決【永久保存版】」  

[sc:ebook_kyuyo ]