認定長期優良住宅|認定基準と受けられる控除について

認定長期優良住宅|認定基準と受けられる控除について

■認定長期優良住宅控除の認定基準

長期優良住宅以外の一般の住宅は、控除対象となる年末借入残高の限度額が2,000万円ですが、認定長期優良住宅であれば3,000万円控除となります。これを「認定長期優良住宅の住宅借入金等特別控除の特例」といいます。 以下の全てについて要件を満たすとき、控除を受けることができます。   ・新築、もしくは未使用の状態のもの ・取得してから6ヶ月以内に居住していること ・合計所得が3千万円以下であること ・床面積が50平方メートル以上で、半分以上が個人の移住用のためであること ・住み始めた年の前後2年で長期譲渡所得の課税特例、居住用財産の譲渡所得の特別控除を受けていないこと

   

■認定長期優良住宅控除額

2014年4月1日以降の計算方法は1平方メートル43,800円に床面積をかけた数字の10パーセントが認定長期優良住宅控除額になります。 また、床面積×43,800円で算出された金額には限度があり、2014年4月1日以降は650万円で計算されます。

   

<年末調整に関するすべての疑問を解決したい方はこちら>

・「年末調整ガイド|年末調整に関する疑問すべて解決【永久保存版】

    [sc:ebook_kyuyo ]