利子所得|税金対策と節税対策まとめ

利子所得|税金対策と節税対策まとめ

■利子所得とは

利子所得は銀行などの預貯金に対しての利子の他、公債や社債の利子として得た所得のことを指します。また、利子所得は源泉徴収される前の金額のことです。

■利子所得は申告する必要があるのか

利子所得は源泉分離課税という区分で、銀行などから支払いを受ける際、すでに銀行側などで源泉徴収が行われたものが手取り分となります。このときの税率は、所得税、復興支援税、地方税を合わせた20.315%になります。

■利子所得の税金対策と節税対策

以下に該当する非課税項目をうまく活用することで節税が可能です。 ・障害者の350万円までの利子所得 ・550万円までの勤労者財形住宅貯蓄や財形年金貯蓄の利子 ・納税貯蓄組合預金の利子 ・納税準備預金の利子 ・子ども銀行の預貯金等の利子

 

<年末調整に関するすべての疑問を解決したい方はこちら>

・「年末調整ガイド|年末調整に関する疑問すべて解決【永久保存版】

 

[sc:ebook_kyuyo ]