特定増改築等住宅借入金等特別控除|住宅改修をしたならば!

特定増改築等住宅借入金等特別控除|住宅改修をしたならば!

■住宅改修したならばチェックしておきたい事項

バリアフリー改修工事や省エネ改修工事を行った場合は、特定増改築等住宅借入金等特別控除とみなされ、ある一定の要件が満たされれば、控除を受けられる場合があります。

■特定増改築等住宅借入金等特別控除額について

2007年4月1日以降と2014年4月1日以降では、計算方法が多少異なります。

控除期間は共に5年で、控除額に関しては2014年4月1日以降では限度額12万5千円、以前は限度額12万円です。

控除額の計算方法は、

(借入金年末残高)×2%+((借入金年末残高のうち改修工事合計額)-(借入金年末残高)

このうち借入金年末残高は限度額1千万円、改修工事合計額は2014年4月1日以降限度額250万円、それ以前は200万円になります。

 

<年末調整に関するすべての疑問を解決したい方はこちら>

・「年末調整ガイド|年末調整に関する疑問すべて解決【永久保存版】」 [sc:ebook_kyuyo ]