高齢者等居住改修工事等に係る特定増改築等住宅借入金等特別控除

特定増改築等住宅借入金等特別控除とは

居住者が住宅ローン等を利用して、自己が所有している居住用家屋について増改築等をし、一定の要件を満たす場合において、所得税額から一定の金額を控除することをいいます。

[sc:yearend_header_728_90 ]

特定増改築等住宅借入金等特別控除の控除期間及び控除額の計算方法

控除期間は5年間です。

控除額は、次のように計算します。 A×2%+(B-A)×1%=控除額 A 増改築等の住宅借入金等の年末残高の合計額のうち、特定断熱改修工事等に要した費用の額の合計額に相当する部分の金額 B 増改築等の住宅借入金等の年末残高の合計額

平成26年3月31日までに居住の用に供した場合 平成26年4月1日から平成26年12月31日までの間に居住の用に供した場合
控除額の最高額 12万円 12万5千円
Aの最高額 200万円 250万円
Bの最高額 1000万円 1000万円

控除を受けられる人の条件

その年の12月31日の現況で以下の①〜⑤のいずれかに当てはまることが条件です。

① 50 歳以上である

② 介護保険法に規定する要介護認定を受けている

③ 介護保険法に規定する要支援認定を受けている

④ 所得税法に規定する障害者に該当する

⑤ ②から④のいずれかに該当する者又は年齢 が 65 歳以上である者である親族と同居を常況としている

 

<年末調整に関するすべての疑問を解決したい方はこちら>

・「年末調整ガイド|年末調整に関する疑問すべて解決【永久保存版】

 

[sc:ebook_kyuyo ]