税額控除|税額の控除について全解説

税額控除|税額の控除について全解説

■税額控除とは

算出された所得税額から一定金額が直接、控除されることを指します。

■税額控除の例

・配当所得がある場合。原則として、配当所得の金額の10%又は5%に相当する金額が控除されます。 ・政治活動や認定NPO法人、公益社団法人などに対して寄附金を支出した場合。ただし、寄附金控除(所得控除)の適用を受ける場合は除きます。 ・一定の要件を満たす住宅の新築、取得または増改築等をした場合。住宅ローンの年末残高の合計額を基本として計算された額が一定期間控除されます。 ・昭和56年5月31日以前に建築された住宅を耐震改修した場合。 ・一定の要件を満たすバリアフリー改修工事や省エネ改修工事をした場合。 ・認定長期優良住宅や認定低炭素住宅を新築、または取得した場合。

※詳しくは「国税庁HP」をご覧ください。 (出典:国税局)

 

<年末調整に関するすべての疑問を解決したい方はこちら>

・「年末調整ガイド|年末調整に関する疑問すべて解決【永久保存版】

 

[sc:ebook_kyuyo ]