【ブロガー必見!】ブログを書くときの著作権と引用ルールまとめ!

1

「ウェブのあちこちに分散している情報をまとめる」
「記事の内容がイメージとして伝わる画像を載せる」

こうしたアプローチは、読んでもらえる記事を書くための有効な手段のひとつです。
しかしながら、このような方法を利用するときの「著作権の扱い」に自信はありますか?

ルール破りの無断転載や、規約を無視した画像の利用で「目立つ記事」を作り、いっときの注目を集めても、長い目で見ればビジネスのプラスにはなりません。
(PVを稼ぐことだけが目的で、誰にどのような印象を持たれても構わない、という場合は別かもしれません)

ここでは、他者の文章や画像を使わせてもらう時に注意しておきたいポイントをまとめました。ブログを書く時、知らないうちに著作権を侵害してしまっていないか、チェックしてみてください。


yearend

 

文章の引用

2

著作権法 第三十二条に、以下の記載があります。

“公表された著作物は、引用して利用することができる。この場合において、その引用は、公正な慣行に合致するものであり、かつ、報道、批評、研究その他の引用の目的上正当な範囲内で行なわれるものでなければならない。”

ここに書かれた「公正な慣行」「正当な範囲内」という条件に従えば、他人の著作物を使う(引用)ことができる、というわけですね。

引用のポイントは、以下の3つです。

(1)自分の文章と他人の文章が主従関係にある
(2)引用箇所が明確
(3)引用の必然性がある

他人の文章を引用させてもらう場合も、あくまでメインは自分の文章。
必要な範囲内に留め、どこが引用箇所なのか明確に記載しましょう。

※参考
【電子政府の総合窓口(e-Gov)】
著作権法

【文化庁】
著作権なるほど質問箱 著作権Q&A

 

ツイートの引用

3

Twitterには、ツイートをブログやサイトコンテンツに引用できる「埋め込み機能」があります。

この機能を使うと、添付画像を含め、ツイートをそのまま掲載できます。


しかし、この機能を使って他の人のツイートを埋め込む時には「マナー」に気をつけましょう。

Twitter使う人の中には、フォロワー以外に自分のツイートが見られることを快く思わない人もいます。

機能が示す通り、埋め込みツイートはTwitterの規約上においてなんら問題となる行為ではありません。しかし、もしも引用したツイートを削除してほしいという投稿者からの要望があり、そこに共感できる理由があれば、応じるべきでしょう。

ウェブ上に公開された創作物を他者が利用する場合、ルールに従っていても感情的な問題に発展することがあります。

法律や規約を守ることはもちろん大切ですが、ビジネスに役立てることを目的に情報発信をしていくなら「誰かを傷つけたり、不快にさせない」ことにも気をつけましょう。そうした気遣いが、炎上など大きなトラブル発生の予防策であり、長く情報発信を続けるコツだと思います。

※参考
【Twitter】
埋め込みツイート

 

画像の利用

4

ウェブ上にある、たくさんの画像サイトで提供される「フリー素材」にも、商用利用・個人利用以外のさまざまな利用条件があります。

ここでは、特に扱いを間違いやすい2つの利用条件「モデルリリース」と「クリエイティブ・コモンズ・ライセンス」を解説します。

【モデルリリース】

人物写真には、写真を撮影した人が持つ「著作権」と、被写体になった人が持つ「肖像権」があります。
モデルリリースは、この肖像権を持つ人から使用許諾を受けた写真であることの証明書です。

サイト側が「配布サイトを記載したりリンクすることなく、無条件で商用利用できますよ」としている写真でも、モデルリリースの有無・内容によっては利用が制限されます。
人物写真を使う時には、画像の利用条件と合わせてモデルリリースを確認しておきましょう。

【クリエイティブ・コモンズ・ライセンス(CCライセンス)】

CCライセンスとは、創作物の「利用許可証」です。ただし、利用にはいくつかの条件が設定されています。

CCライセンス対象作品は、作品のそばに利用条件の詳細を示す「コモンズ証」がリンクされているので、対象作品を利用したい場合はこれを確認してみましょう。

なお、CCライセンスは、商用利用可・改変不可などの4つの条件の組み合わせからなる6種類がありますが、クレジット(作者名や作品名等)の表記とコモンズ証のリンクは、どのライセンスが適用されている場合も共通の必要事項です。
クレジット記載とコモンズ証のリンクが難しい場合は、CCライセンス対象作品の利用はやめておきましょう。

※参考
【JPAA】
モデルリリース
【CCJP】
クリエイティブコモンズライセンスとは

 

会社設立についてもっと詳しく知るには

一口に会社設立と言っても、そこには様々なやり方、種類があります。実際に起業する前に、どのような選択肢があるのかを把握しておくことが大切です。
このガイドでは、まずは会社の種類から設立にかかる費用まで、会社設立の前に必要な情報をご紹介。その上で、電子定款の作成方法や登記など、実際の設立の流れを最短で終えられるよう、実務的な知識をご紹介しています。
本ガイドがお客様のビジネスの第1歩としてお役に立てれば幸いです。

ebook_foundation_cover-small

目次

  1. 個人経営主と法人のメリットを比較
  2. 会社の種類は?4つの形態の違いを比較
  3. 新会社法は会社が守るべきルール
  4. 会社は6万円の費用で設立できる
  5. 最短時間で会社を設立するための流れとは?
  6. 会社設立の際に決めるべき5つのこと
  7. 定款の作り方とは?定款は会社のルール集
  8. 電子定款の作成手順を完全解説
  9. オンラインで電子定款を送信してみよう
  10. 紙で行う定款作成・認証方法まとめ
  11. これで完了、登記の手順
無料でダウンロード
無料でダウンロード