現金主義│現金の受領と支払があったときに収益と費用を認識

現金の授受があったときに収益と費用を認識する考え方が現金主義

現金主義とは、実際の現金の授受があったときにはじめて収益と費用を認識する考え方のことです。実際の現金の受け渡しがあるまで収益と費用が認識されないこととなりますので、一般的に企業会計では認められていません。

現金主義に対して、発生主義という概念があります。収益と費用を発生の時点で認識する方法です。
一つ例を挙げますと、商品を掛けで販売した時、現金主義では、実際にお客様からお金を貰うまで収益が計上されませんが、発生主義によれば、商品をお客様に渡した時点で収益を計上することになります。