源泉分離課税│他の所得と合算せず源泉徴収のみで納税が完結

源泉徴収のみで所得税の納税が完結する源泉分離課税制度

源泉分離課税制度とは、所得を支払う者が支払の際に一定の税率で所得税を源泉徴収し、それだけで所得税の納税が完結するというものです。他の所得等とは一切、分離されて納税が完結する点が他にはない特徴です。

源泉分離課税される所得の例

源泉分離課税制度により納税が完結する所得は以下の通りです。

・利子所得
・特定目的信託のうち、社債的受益権の収益の分配に係る配当
・私募公社債等運用投資信託の収益の分配に係る配当
・懸賞金付預貯金等の懸賞金等 など