源泉徴収│支払を行う者が納税者に代わって税務署に納税する

支払額から一定額を差し引く源泉徴収

源泉徴収とは給与などの支払者が、支払額から一定額をあらかじめ差し引き、納税者の代わりに税務署に差し引いた額を納付する制度です。
源泉徴収を行うことで、給与などの支払を受ける方が自ら税務署に出向き、税金を納付する必要がなくなりますし、税務署としてもとりっぱぐれがなくなりますので、双方にとって有用な手段となっています。

源泉徴収される所得

源泉徴収される所得には以下のようなものがあります。

・利子所得(預金の利子)
・配当所得(株式の配当)
・給与所得、退職所得(サラリーマンの給料、退職金)
・報酬、料金(弁護士報酬など)
・公的年金 など