発生主義│収益と費用を発生の時点で認識する会計概念

収益と費用を発生の時点で認識する会計概念を発生主義という

発生主義とは収益と費用を発生の時点で認識する概念です。

例えば商品を掛けで販売した場合に、現金主義によるとこの時点では売上が計上されませんが、発生主義によると売上(収益)が計上されることなります。
同じく、掛けで商品を購入した場合、現金主義によると支払の時点まで費用は計上されませんが、発生主義によると仕入(費用)が計上されることになります。
一般的に認められていない現金主義と異なり、発生主義による会計は広く企業会計や個人事業主の会計において利用されています。