重加算税│納税者が隠ぺい等していた場合に課される

重加算税は納税者への重いペナルティ

重加算税は、納税者が国税の申告書を提出する場合に、その国税の課税標準等又は税額等の計算の基礎となるべき事実の全部又は一部を隠ぺいしていたり、仮装していた場合に過少申告加算税、不納付加算税、無申告加算税に代えて課される重いペナルティです。要は、申告に当たり嘘や隠し事があった場合に納税者に課される罰則規定です。

重加算税は納税額に以下の割合を乗じて計算します。

  ・過少申告加算税又は不納付加算税が課される場合…100分の35
  ・無申告加算税が課される場合…100分の40