更正│申告書の誤りを税務署長が修正する

提出された申告書に誤りがある場合、税務署長がこれを修正する

税務署長は、申告書の提出があった場合において、申告書に記載された課税標準又は税額の計算が、国税に関する法律の規定に従っていないときや調査をした結果、誤っているのではないかと判断した時に、この申告書に係る課税標準や税額を更正します。

簡単に言うと更正とは、税務署長が申告書の誤りを修正することです。
更正は、納税者に対して税務署長が更正通知書を送達することで行います。