更正の請求│納め過ぎた税金を返してもらえる

納め過ぎた税金を取り戻すための納税者の権利

更正の請求は、申告の際に納税額を過大に申告してしまった時に、納税額を減らすために税務署長に対して行うの手続きのことを差します。
つまり、確定申告の時に税額計算を誤り支払わなければならない税金よりも過大に払いすぎてしまい、これに後から気が付いたような場合、納税者は税務署長に納め過ぎた分を返してくださいと主張できる権利のことです。

サラリーマンの方に代表される給与所得者ももちろん対象で、法定申告期限から5年間遡って更正の請求をすることができます。
更正の請求を使用とする納税者は、更正請求書を税務署長に提出します。