給与所得者の特定支出控除│サラリーマンの方が特定の支出をした場合に適用がある

サラリーマンが支払った特定の支出は所得から控除できる

給与所得とは、サラリーマンの方が毎月受け取る給料等の「収入金額」から「給与所得控除額」を控除して算出されます。そしてさらに、サラリーマンが特定支出をした際には、確定申告を行うことで給与所得控除後の所得金額からこの特定支出の金額のうち一部を控除することができます。

ただし、この制度の適用を受けるためには給与の支払者の証明が必要となります。

特定支出とされる支出の具体例

一般的に以下のようなものが特定支出控除の対象となる支出とされています(但し、給与の支払者により補填される部分で、非課税とされるものは除きます)。

・通勤費
・転居費
・研修費
・資格取得費
・帰宅旅費
・図書費 など