無形固定資産│固定資産のように形が無い資産

無形固定資産とはなにか?

無形固定資産とは固定資産のうち、法律上の権利など物体ではない資産のことをいいます。企業などが長期に渡って利用又は所有し、収益をもたらすことが期待されるものを指します。
貸借対照表においては、固定資産の部に有形固定資産や投資その他の資産と共に記載されます。また、無形固定資産には減価償却の対象になる資産とならない資産が存在するので注意が必要です。

無形固定資産の具体例

  ・鉱業権、漁業権、ダム使用権、水利権
  ・特許権、実用新案権、意匠権、商標権、ソフトウェア、育成者権 など