年末調整│納税者に代わり会社が税金計算をしてくれる

サラリーマンの方は会社が代わりに所得税の計算をしてくれている

会社などの給与の支払者は役員や従業員に対して1年間報酬や給料を支払っています。毎月の報酬や給与から所得税等を源泉徴収していますが、これはあくまでも概算の金額です。1月1日から12月31日までが終了した段階ではじめて、役員や従業員の1年間の給与所得が確定しますので、役員や従業員が納めなければならない所得税の額も確定します。 納めなければならない所得税の額とこれまで毎月徴収してきた所得税額を比較し、これまで徴収してきた額が多ければ役員や従業員にこの分返還し、反対に少なければ追加で徴収することになります。

この一連の手続きを年末調整と呼びます。

 

<年末調整に関するすべての疑問を解決したい方はこちら>

・「年末調整ガイド|年末調整に関する疑問すべて解決【永久保存版】

人事労務freee