納税の猶予│特別な要件を満たした場合には納税が猶予される

特別な要件を満たした場合に納税が猶予されることがある

特別な要件に合致した場合に、納税が猶予されることがあります。特別な要件としては例えば以下のような事項を挙げることができます。
・納税者又はその者と生活を一にする親族が病気にかかり、又は負傷したこと。
・納税者がその事業を廃止し、又は休止したこと。
・納税者がその事業につき著しい損失を受けたこと。
・納税者に災害、盗難又は病気、負傷に類する事実があったこと。
・納税者に「事業の休廃止又は事業上の著しい損失に類する事実」があったこと。

これらの事実に該当する場合、税務署長に対して納税猶予の申請をすることができます。但し、個別に状況は調査されますので、申請したからといって必ず認められるわけではないという点にはご注意ください。