利子税│支払いが遅れたら

利子税が課されるとき

利子税とは、支払いの遅れを認めてもらったときに課されるペナルティの一種の税金です。何らかの事情により期限までに税金を納めることができない場合や、期限までに延納申請書と担保を税務署長に提出することによって支払いを遅らせるということができます。このような場合には利息のようなお金が課されるのですが、それが利子税です。

利子税の計算方法は、納税を延納した税金に対し、原則7.3%(1,000円未満不徴収)を乗じた金額となります。