生命保険料控除│生命保険料を支払ったら適用がある

生命保険料を支払った納税者は生命保険料控除を受けられる

納税者が生命保険契約等に係る保険料等を支払った場合は、その支払った保険料について一定の方法で計算した金額を課税標準から控除できる制度が生命保険料控除です。

控除を受けられる金額には上限があり、平成24年1月1日以後に締結した保険契約等に基づく新生命保険料、介護医療保険料、新個人年金保険料の控除額は、最高で40,000円とされていますが、平成23年12月31日以前に締結した保険契約等に基づく旧生命保険料と旧個人年金保険料の控除額は、最高で50,000円とされています。