消費税の課税売上割合│課税売上の割合が95%以上なら支払った消費税は全額控除

課税売上の割合が95%以上なら支払った消費税は全額控除できる

納付すべき消費税を厳密に計算しようとすると、事業者が支払った消費税を課税売上に対応するものや非課税売上に対応するものなどに細かく分類していかなければなりません。但し、非課税売上がごく僅少でる場合には、支払った消費税を全額預かった消費税から控除することが認められています。これを判断する基準が課税売上割合です。

1年間の課税売上割合が95%以上であり、かつ、課税売上高が5億円以下の場合には、支払った消費税は全額控除できます。
課税売上割合は、税抜の課税売上高を税抜の総売上高で割ることで算出できます。