消費税の対価の返還等│値引きや返品、割戻しがあったときには

値引きや返品、割戻しがあった場合にはこれらの金額に対応する調整を行う

事業者が商品を販売した後に値引きを行った場合や、商品販売後に商品の返品を受けた場合など(これを消費税の対価の返還等と言います)には、売掛金の減額調整が必要になってきます。そしてこの調整した売掛金に対応する消費税の調整も行わなければなりません。

調整が必要となる主な取引

調整が必要となる主な取引は以下の通りです。

・返品
・値引
・割戻し
・販売奨励金 など