総合課税│所得税額の原則的な計算方法

各種所得について他の所得と合算して所得税額を算出する総合課税が原則

総合課税とは、各種所得金額を合算して所得税額を計算する制度です。 なお、総合課税される所得には以下のような所得があります。

・利子所得(源泉分離課税されるものは除く) ・配当所得(源泉分離課税されるものや申告分離課税されるものなどは除く) ・不動産所得、事業所得、給与所得 ・譲渡所得(土地や建物の譲渡は除く) ・一時所得(源泉分離課税されるものは除く) ・雑所得(源泉分離課税されるものは除く)