定率法│減価償却方法の一つ

固定資産の取得価額を取得したその年に最も多く費用処理できる方法

定率法は減価償却方法の一つで、購入した固定資産の取得価額を、早期に費用化していく方法です。

簡単な例示を挙げてみましょう(あくまでイメージです)。
×1年に100万円の車を購入したとします。耐用年数は3年です。
定率法による減価償却を行う場合、×1年に50万円、×2年に30万円、×3年に20万円減価償却費を計上していくイメージです。

定率法は、固定資産の耐用年数経過中、固定資産を取得した年に償却費がもっとも大きく計上されるため、定額法と比較して税務上のメリットを固定資産を取得したばかりの早期に受けやすいと評価されることがあります(固定資産を取得した期に減価償却費が最も大きくなるということはその分、納付する税金が少なくなるということです)。