届出書│税務署に提出する書類

新たに事業を開始した場合などは税務署へ届け出が必要

個人が新たに事業を始めたときには税務署へ各種届け出が必要です。

個人が事業を開始したときに届け出る一般的なものは以下の通りです。
・個人事業の開廃業等届出書
・所得税の青色申告承認申請書
・青色事業専従者給与に関する届出書
・所得税(消費税)の納税地の変更に関する届出書
・所得税の棚卸資産の評価方法・減価償却資産の償却方法の届出書
・給与支払事務所等の開設・移転・廃止届出書
・源泉所得税の納期の特例の承認に関する申請書

なお、届け出た事項に変更が生じた場合にも異動届出書の提出が必要です。