税込経理方式│税込で会計上記帳すること

会計帳簿への記録をすべて税込で記帳する方法

商品の販売した場合や仕入代金の支払いをした場合などに、税込の金額で帳簿に記帳することを税込経理方式と呼びます。

帳簿のつけ方には税込経理方式と税抜経理方式の2つが存在します。どちらを採用するかは事業主の判断に委ねられています。どちらが有利かということはケースバイケースですので、判断に迷ったら専門家である税理士にご相談することをお勧めします。なお、消費税の納税義務が免除されている事業者は税込経理方式を採用することとなります。