株式会社Emakiが「TechTemple Tokyo」第1号支援先に決定

創業投資・支援を目的としたプログラム「TechTemple Tokyo」を始動


インフィニティ・ベンチャーズLLPは、創業まもないスタートアップ企業にフォーカスした500万円~の創業投資ならびに経営支援を行う「TechTemple Tokyo」(テックテンプル トウキョウ) プログラムを2014年6月1日より開始し、6月5日より新規の支援希望企業の募集を開始。2014年5月に創業した写真共有サービスを提供する株式会社Emakiが「TechTemple Tokyo」の第1号支援先として決定した。
kakutei

インフィニティ・ベンチャーズLLP(所在地:世田谷区)は、創業まもないスタートアップ企業にフォーカスした500万円~の創業投資ならびに経営支援を行う「TechTemple Tokyo」プログラムを2014年6月1日より開始し、現在、新規の支援希望企業の募集中。

同社は、2009年より日本及び中国にてインターネット・モバイル業界の様々なベンチャー企業への経営支援を行うと共に、国内外のネット・モバイル業界の有力経営者が600名以上集まるカンファレンスインフィニティ・ベンチャーズ・サミット(IVS)を企画・運営をすることで、インターネット産業に貢献。さらに中華人民共和国においても、創業初期段階のスタートアップ企業の成長を支援する目的で2013年10月より北京市に中心部に約280席のスタートアップ企業向けコワーキングスペース(共同オフィススペース)「TechTemple」を共同設立した。

日本においても創業まもないベンチャーがスタートアップで苦労する “法務・会計・サーバーインフラ・人材・プロダクトデザイン” などの創業支援環境を提供する。

 

TechTemple Tokyoの特徴 

1. 500万円~の創業資金の投資及び創業支援

2. オフィススペースの提供

3. 1年間で5社程度の、少数/長期視点での育成支援

4. 様々なパートナーの協力による、創業初期に特化したサポートプログラムの提供

5. インフィニティ・ベンチャーズ・サミット(IVS) および新サービスの発表の場「Launch Pad」などの活用

 

TechTemple Tokyoの参加申し込み/審査の流れ 

毎年四半期ごとに、下記の流れでTechTemple Tokyoの採択への審査を行う。

1. TechTemple Tokyo webサイトからのエントリー

2. 書類審査

3. 1次審査・ビジネスプランのレビュー

4. 最終審査「TechTemple Final」による採択の判断

(第一回目の審査会の最終審査は7月15日に行う予定)

 

Tech Temple Tokyoチーム

■TechTempleメンター

【小野 裕史(おの ひろふみ)】 インフィニティ・ベンチャーズLLP 共同代表パートナー
東京大学大学院在学中より個人でモバイルメディアを複数立ち上げ、2000年より株式会社シーエー・モバイルの創業に関わる。モバイルメディア、コマース、コンテンツなど複数の事業を立ち上げ100以上のモバイルサイトの立ち上げをリードし、モバイルビジネスのリーディングカンパニー(2008年9月期売上高182億円)にまで成長を導く。2008年1月に株式会社シーエー・モバイル専務取締役を退任。独立後インフィニティ・ベンチャーズLLPを共同設立。Rekoo Japan、グルーポン・ジャパン、ジモティー等の創業を始め多くの投資先のビジネス成長に関わる。TechTemple Tokyo企画・運営責任者。

【小林 雅(こばやし まさし)】 インフィニティ・ベンチャーズLLP 共同代表パートナー
東京大学工学部卒業後、1998年アーサー・D・リトル(ジャパン)に入社。エレクトロニクス・情報機器・通信関連の新規事業戦略立案に従事後、ベンチャー・インキュベーション事業の立ち上げを経験。2001年エイパックス・グロービス・パートナーズ(現グロービス・キャピタル・パートナーズ)入社。2004年同社パートナー就任(最年少)。累計約400億円のベンチャーキャピタル・ファンドの投資を担当。インターネット・モバイル・ソフトウエア産業の投資を得意とし、2008年12月にIPOを果たしたグリーなどの社外取締役を務めた。2007年8月に独立。2008年1月インフィニティ・ベンチャーズLLP共同設立。主に日本国内の投資活動を担当。またインフィニティ・ベンチャーズ・サミットの企画・運営責任者を務める。

【田中 章雄(たなか あきお)】 インフィニティ・ベンチャーズLLP 共同代表パートナー
カナダ、ブリティッシュコロンビア州立大学で修士号を修得。マクロメディア日本法人CTO、米国マクロメディア本社CEOアドバイザーを経て、アドビとマクロメディア合併後、アドビ本社でアジアを中心とした国際ベンチャー投資を統括。ウェブの動画やモバイルのゲームとしてもメジャーなFlash関連のビジネスを中心に中国、日本、韓国、インドを含むインターネット、モバイル系の投資及びM&A案件をリードする。2008年6月独立、インフィニティ・ベンチャーズLLPに共同代表パートナーとして加わる。北米、アジアのネットワークを生かし、中国を中心としたインターナショナルな投資活動を行う。英語・中国語堪能。

■法務アドバイザー

【増島 雅和(ますじま まさかず】 森・濱田松本法律事務所 パートナー弁護士
M&A、コーポレートファイナンスを専門にする弁護士。日本経済の復活のためにはリスクキャピタル供給が不可欠との信念から、金融業者のガバナンスと投融資案件、ベンチャー・ファイナンスを中心に活動。 起業家、キャピタリスト、大企業を巻き込んだベンチャーコミュニティによるエコシステム創造をめざすStartup Innovatorsを主宰。TechTemple Tokyoではスタートアップのファイナンス面の法務アドバイスを担当。

■会計アドバイザー

【川村 達也(かわむら たつや)】 インフィニティ・ベンチャーズLLP マネージャー
慶応義塾大学経済学部卒業後、メーカーの法人営業を5年半経験したのち、2009年11月より有限責任監査法人トーマツで、おもにベンチャーキャピタル及びPEファンド業の会計監査業務にあたる。2011年10月より、インフィニティ・ベンチャーズLLPにて出資者向け情報提供および監査対応を担当。TechTemple Tokyoではスタートアップの会計まわりのサポートを担当。

■TechTemple Tokyoパートナー企業

TechTemple Tokyoは、創業初期の企業が必要なサービスを提供する各社からサポートプログラムを提供。順次拡大を予定。

・アマゾン データサービス ジャパン株式会社
・株式会社UNCOVER TRUTH
・ウォンテッドリー株式会社
・AZX総合法律事務所
・KAIZEN platform Inc.
・株式会社クラウドワークス
・株式会社Zendesk
・takram design engineering
・freee株式会社
・ランサーズ株式会社

■インフィニティ・ベンチャーズLLP(所在地:東京都世田谷区)

インフィニティ・ベンチャーズLLPは日本および中国のインターネット企業に投資する日本を代表するベンチャーキャピタルです。投資活動の一環としてインターネット業界の経営者・幹部が650名集まる「インフィニティ・ベンチャーズ・サミット」を年2回開催し、新サービスの発表の場「Launch Pad」を主催しています。大学生・大学院生を対象とした啓蒙活動を年3回開催。ベンチャー投資活動に関しては是非IVS公式サイトをご覧ください。

マイナンバー制度についてもっと詳しく知るには

すべての国民に番号をつけて、税・社会保障関連の手続きに活用される「マイナンバー制度」。2015年10月からマイナンバーの通知が始まります。そして、2016年1月にマイナンバー制度が開始します。
制度開始まで間もないですが、どのような制度なのかまだ調べている段階で対策にまで手が回っていない方がほとんどかと思います。
このガイドでは、マイナンバーのスケジュールやその他知っておきたい基本知識など、マイナンバーを理解するのに必要な情報を全てまとめました。
本ページを活用して、マイナンバーをマスターして有効に使いましょう!

ebook_mynumber (new)

目次

  1. 今さら聞けないマイナンバー制度とは?
  2. 制度開始までのスケジュール
  3. 収集時の本人確認の方法
  4. 保管に必要な安全管理措置
  5. マイナンバーを提供していい範囲とは?
  6. 法定調書への記入・提出方法・注意点
  7. マイナンバーによる年末調整の変更点
  8. マイナンバーに関してよくある質問10選
無料でダウンロード
無料でダウンロード