【永久保存版】勘定科目に関する疑問をすべて解決!勘定科目大辞典

勘定科目に関するすべてをまとめました!

勘定科目
個人事業主や法人経営者、経理担当者にとって「勘定科目がわからない」ってこと多いのではないでしょうか?
今回は、そんな皆様が確定申告や記帳がスムーズに終えられるように、勘定科目大辞典を用意しました。
勘定科目がわからなくなったときに是非ご活用ください。

勘定科目に決まりはない

個人事業主や法人の代表として、記帳していく上で、勘定科目を気にしすぎる必要はありません。
下述の5分類さえ外していなければ、問題ありません。
あとは、記帳していてわからなくなったときに、調べながら進めていけば、問題ありません。

家事按分が関わる勘定科目や交際費など一部の注意が必要なものに関しては、下記の記事をご覧ください。
*参考
確定申告者必見!税務署に目をつけられやすい勘定科目7選
勘定科目はこれだけ覚えれば安心!頻出勘定科目6選

勘定科目は5つに分類される

まずは、勘定科目の大まかな解説です。
勘定科目は、沢山あって、複雑に思えますが、以下の5つに大きく分類することができます。また、「資産、負債、純資産」の3つのことを「貸借対照表」といいます。貸借対照表は会社のその時点での財務状態がわかります。 これに対し「収益、費用」の2つを「損益計算書」といい事業年度単位の儲けがわかります。 わかりやすくいうと、会社の経営状態をある時点という「点」で見るのが貸借対照表で、一定期間の流れという「線」で見るのが損益計算書です。
勘定科目分類

  • 資産…企業が持っている財産です。具体的には、以下のようなものを意味します。 1:現金 現金は金銭以外でも、金銭と同一の性質がある郵便為替証書や小切手、公社債の満期利札なども資産となります。 2:売掛金 取引先に対する未収入金のことを売掛金といいます。また、売り上げに基づいて発生した手形債券を「受取手形」といい、これも資産となります。 3:物的資産 建物やそれに付属する設備、機械装置、営業用車両、土地なども資産となります。
  • 負債…企業が負っている債務です。具体的には、以下のようなものを意味します。 1:借入金 銀行などから借り入れた借金については、借入金となります。 2:買掛金 仕入れや物品の購入に対して発生している未払い金のことをいいます。
  • 純資産…資産から負債を引いたものです。
  • 収益…売上などの収入のことです。
  • 費用…収益を得るためにかかるお金のことです。

勘定科目大辞典

????????????????????

勘定科目大辞典ということで、以下に個人事業主や法人経営者がよく使う勘定科目を総まとめました。

勘定科目を徹底解説!

まずは、メジャーな勘定科目を解説しました。
「この勘定科目どういうときに使うんだ?」
「この勘定科目の意味はなんだっけ?」
といったときに、ご活用下さい。
リンクをクリックすると、勘定科目解説ページを開くことができます。

①:資産

現金・預金

手形

有価証券

棚卸資産

他流動資産

有形固定資産

無形固定資産

その他投資

②:負債

仕入債務

他流動負債

固定負債

③:純資産

④:収益

売上

営業外収益

特別利益

⑤:費用

売上原価

販売管理費

営業外費用

ケース別勘定科目まとめ

実際に記帳をしていて、
「このケースはどの勘定科目を使えばいいんだ?」
「この摘要欄に書いてある取引は、この勘定科目であっているのか?」

といったときに、ご活用下さい。事例ごとに、勘定科目の解説を見ることができます。
ケース別2

租税公課を使うケース

水道光熱費を使うケース

旅費交通費を使うケース

車両費・車両関係費を使うケース

通信費を使うケース

広告宣伝費を使うケース

交際費を使うケース

会議費を使うケース

保険料・支払保険料・損害保険料を使うケース

修繕費を使うケース

消耗品費を使うケース

福利厚生費を使うケース

地代家賃を使うケース

支払手数料を使うケース

新聞図書費を使うケース

諸会費を使うケース

リース料を使うケース

外注費を使うケース

採用教育費を使うケース

給料手当を使うケース

法定福利費を使うケース

事業主借を使うケース

事業主貸を使うケース

未払金を使うケース

仮払金を使うケース

車両運搬具を使うケース

権利金を使うケース

無形資産を使うケース

受取利息を使うケース

開業費を使うケース

貯蔵品を使うケース

前払費用を使うケース

法人税、住民税及び事業税を使うケース

まとめ

記帳や会計処理をスムーズに終える為に、勘定科目に悩んだ時は、すぐ調べて解決しましょう。
そうすれば、自社でよく使う勘定科目を覚えていき、効率的に経理ができるようになります。