IVS Launch Pad Reunion(同窓会) in freee

第一回「IVS Launch Pad Reunion(同窓会)」がfreee株式会社内で開催!

スクリーンショット 2014-07-03 19.56.18

「IVSのLaunch Pad」に登場した方を対象に「Launch Pad Reunion(同窓会)」がfreee株式会社内で開催。

2014年7月3日、五反田にある「freee株式会社」が会場を提供し、「IVS Launch Pad Reunion(同窓会)」が開催された。参加者は総勢50名。開始早々、活気に満ち絶えず笑い声が巻き起こる。「COEDOビール」(株式会社協同商事コエドブルワリー)や「おーいお茶」(株式会社伊藤園)を片手に近況報告し合い大盛況。本会主催の「インフィニティ・ベンチャーズLLP」共同代表 小林 雅氏の挨拶の後、小林氏司会進行のもと「KAIZEN platform Inc.」Co-founder&CEO 須藤 憲司氏、「株式会社スマートエデュケーション」代表取締役 池谷 大吾氏、「freee株式会社」代表取締役 佐々木 大輔氏によるパネルディスカッションが行われた。

photo1 (2)

IVSとは

Infinity Ventures Summit(インフィニティ・ベンチャーズ・サミット。以下IVS)」 は、”無限の可能性をもつベンチャー企業を生み出す場・集まる場”という意味を込めたインターネット、モバイル、ソフトウエアなどIT業界の国内外の経営者・経営幹部を対象とした年2回の招待制のオフサイト・カンファレンス。
最前線で活躍する国内外のスピーカー陣を迎え、2日間で業界の動向を把握すると同時に、質の高い経営者・経営幹部同士のネットワーキングの機会を提供している。また、ビジネス以外にもレセプション・パーティ、ゴルフコンペ、スパなど楽しい時間を過ごしていただくよう工夫している。

 

IVSの特徴

経営者・経営幹部のための学びの場=充実したプログラム
最前線で活躍する国内外のスピーカーによるパネルディスカッションやプレゼンテーションを提供。

質の高いネットワーキングの場=日本最大級の招待制イベント
経営者・経営幹部を対象に「招待制」を採用し、参加者コントロールすることで質の高いネットワーキングの場を提供。また、参加人数650-700名は日本最大級の経営者・経営幹部の会合。日々忙しくなかなか会えない方々と効率的にコンタクトすることが可能。

新しいサービス発表の場=Launch Pad(新サービスのデモンストレーション)
「Launch Pad 」とは日本語では「発射台」という意味です。米国の「Web 2.0 Summit」「DEMO」などではスタートアップ企業の新しい製品・サービスのプレゼンテーションの場が存在します。IVSの「Launch Pad」ではスタートアップ企業に限定せず、新サービスの発表の場、そして質の高い事業開発・PRの場を提供している。

仕事を離れ、学び&ネットワーキングに集中できる環境=オフサイトでの開催
東京から離れた札幌市や京都市のリゾートホテルで開催することにより、日々の業務から離れ、中長期的な戦略など集中的に考える時間やネットワーキングに専念できる環境を提供している。また、美味しい料理、ゴルフ、などリラックスできる環境も提供している。