確定給付企業年金 | 生命保険料控除の対象

確定給付企業年金制度に係る掛金は、生命保険料控除の対象

年末調整で各種控除の申請を行う書類のひとつに「保険料控除申告書」があります。厳密には、保険料控除申告書という書類が単独であるわけではなく、「保険料控除申告書兼配偶者特別控除申告書」に生命保険料や地震保険料、社会保険料に小規模企業共済掛金を記載する箇所があり、それらの箇所を総称して保険料控除申告書と呼んでいます。保険料控除申告書に記載することで、所得から控除を申請することができます。

確定給付企業年金制度に係る掛金は、その制度を導入した企業のほか、その制度の加入者も拠出ができることとされており(確定給付企業年金法第55条第2項)、加入者が負担した掛金は生命保険料控除の対象とされています(所得税法第76条第5項第4号)。

 

<年末調整に関するすべての疑問を解決したい方はこちら>

・「年末調整ガイド|年末調整に関する疑問すべて解決【永久保存版】