【閲覧必至!】世界の統計データが入手できる無料ウェブサイトまとめ

あなたのビジネスの参考に!世界の統計データが入手できる無料ウェブサイトまとめ

世界の統計データ<Creative Commons: Some Rights Reserved. Photo by fdecomite>

市場リサーチに欠かせないのが、統計データ。国内外問わず、国・地方自治体の多くは、人口・経済・企業・物価・雇用など多分野にわたり、定期的に統計データを公開しています。こちらでは、海外の国・地域の統計データが無料で入手できるウェブサイトをご紹介しましょう。

インライン-レクタングル(請求書)

 

 

 

 

 

 

 

 
<目次>
・アメリカ合衆国 統計データ
・イギリス 統計データ
・欧州連合(EU)統計データ
・BRICS 統計データ
・アフリカ 統計データ
・オセアニア 統計データ
・国際機関 統計データ

アメリカ合衆国

国勢調査局

人口経済雇用教育など、カテゴリ別に統計データを整理。統計データを州・市レベルに分解できる「QuickFacts」や、任意の州・郡とテーマを選択すると該当の統計データが自動的に表示される「Easy Stats」などのデータ分析ツールモバイルアプリも提供。

商務省経済分析局

GDP(国内総生産)貿易収支消費者支出などの経済指標を公開。地域産業別のデータも掲載されている。統計データをインタラクティブに表示できるウェブアプリケーションもリリース。

イギリス

国家統計局

人口政府経済労働市場企業およびエネルギー子どもと教育農業および環境など、カテゴリ別に統計データを整理。主要データは、グラフやインフォグラフィックなどでも閲覧できる。

Publication Hub

国家統計局以外の中央省庁、独立行政法人、非営利団体などが発表する統計データをまとめたアグリゲーションサイト。国際統計局のサイト内に設置されている。

London Datastore

ロンドンの統計データをまとめたサイト。

Dashboardページ

人口・雇用・治安・交通など、主な統計データがビジュアルで表示されており、ロンドンの現状が一目でわかる。

欧州連合(EU)

Eurostat

欧州委員会で統計を担当するEurostat(ユーロスタット)のウェブサイト。一人当たりGDP総人口失業率インフレ率といった主要経済指標をはじめ、経済・社会・産業・貿易・エネルギーなどの統計データが、カテゴリ別に整理されている。主要データをまとめた出版物は電子版でも展開され、ウェブページからダウンロードできる。英語・ドイツ語・フランス語の三カ国語に対応。

BRICS

IBGE(ブラジル地理統計院)

人口・経済・産業にまつわる統計データを掲載。2010年に実施された、直近の国勢調査レポート「CENSO 2010」は、英語でも閲覧可能。

ロシア連邦統計局

人口労働産業農業金融投資など、カテゴリ別に統計データを整理。

data.gov.in

インドのオープンデータプラットフォーム。71の省庁が公開する1万件以上のデータを集約。データビジュアライゼーションツールも公開されている。

アフリカ

東アフリカ共同体(EAC)

ケニア・タンザニア・ウガンダ・ルワンダ・ブルンジの東アフリカ諸国から成る東アフリカ共同体(East African Community・EAC)の統計データポータルサイト。社会・経済金融・生産・インフラのテーマに大別されている。主要指標をまとめ、分析した年次レポート「EAC Facts and Figures Report」もダウンロード可能。

アフリカ開発銀行(AfDB)

アフリカの経済発展推進を目的とする融資機関「アフリカ開発銀行(African Development Bank・AfDB)のデータポータルサイト。

AfricanEconomicOutlook.org

アフリカ54カ国の総合データとその分析を集約したウェブサイトで、アフリカ諸国のデータ比較に便利。
主要データはExcelファイルでダウンロードできる。

オセアニア

オーストラリア統計局(ABS)

人口経済産業環境およびエネルギーのカテゴリで統計データを大別。5年ごとに実施される国勢調査(直近は2011年8月実施)も公開。

Statistics New Zealand

ニュージーランド統計局の公式ウェブサイト。人口財政経済ビジネス産業所得と労働教育健康環境などのカテゴリで統計データを大別。多種多様なデータセットからテーブルが作成できる「NZ.Stat」、競合他社と自社を比較できる「Industry Profiler」、性別・年齢・家族構成などのデモグラフィックをもとにターゲット市場をマップ化できる「Market Mapper」など、データ分析ツールも豊富に提供されている。

国際機関

国連統計部(UNStats)

統計データは、キーワードで検索可能。

世界銀行

統計データは、国別

カテゴリ別で整理されている。

英語・フランス語・スペイン語・アラビア語・中国語の五カ国語に対応。

OECD(経済協力開発機構)

統計データは、カテゴリ別にアーカイブされ、キーワードでの検索も可能。統計データ専用ポータルサイト「OECD Data」もベータ版で運用中。
大企業だけでなくスモールビジネスの経営者もインターネットを活用し、グローバルにビジネスを展開できる現代のビジネス。日本のみならず世界にも統計データを無料で提供しているウェブサービスは沢山ございますので、是非チェックしてください!

日本の無料統計データサイトまとめはこちらをご覧ください▼
【マーケッター必見!】市場調査や企画書作成に役立つ統計データ20選!

TEXT = 松岡由希子

 

———–
このブログは、クラウドで、請求書が発行できる会計ソフトfreee(フリー)が運営しています。
全自動のクラウド型会計ソフトfreeeなら、請求書も見積書も納品書もクラウドで簡単作成。
インライン-レクタングル(請求書)