遺族の受ける恩給や年金 | 合計所得金額に含まれない所得

控除対象者の判定に含まれない所得

年末調整で各種控除の申請を行う書類のひとつに「扶養控除等(異動)申告書」があります。「扶養控除等(異動)申告書」は、各家庭の配偶者や扶養家族などの所得を把握するための書類です。

控除対象配偶者や扶養親族、障害者などに該当するかどうかを判定する際の要件に合計所得金額があり、その所得に「遺族の受ける恩給や年金」は含まれないという決まりがあります。今回のケースでは、控除対象者が遺族として恩給や年金の給付を受けている場合、その金額は合計所得金額には含まれないということを示しています。

恩給は、下記に該当する場合に国から公務員またはその遺族に給付される補償です。
・1) 公務員が相当年限忠実に勤務して退職した場合
・2) 公務でけがをしたり病気にかかり退職した場合
・3) 公務のために死亡した場合

 

<年末調整に関するすべての疑問を解決したい方はこちら>

・「年末調整ガイド|年末調整に関する疑問すべて解決【永久保存版】