サービス名で後悔しない、今から活用できる無料ネーミングツール5選

あらゆる名前のアイデア出しに活用できる、無料ネーミングツール

無料ネーミングツール<画像「Creative Commons: Some Rights Reserved. Photo by Claire Thompson」>
 
商号・屋号から個々の商品・サービスにいたるまで、ネーミングは、重要なポイント。一度決めたら、なかなか変更しづらいものですので、納得できるまで十分に検討を尽くし、慎重に決めたいものですね。
ビジョンや特徴を反映しつつ、ユニークかつキャッチーで、語感やリズム感のよいものが望ましいですが、まずは、候補となるアイデアをできるだけ多く出し、ブレーンストーミングなどを通じて徐々にブラッシュアップしていくのが、現実的なアプローチでしょう。
そこで、こちらでは、名称の素案を自動で生成できる、無料のネーミングツールをご紹介しましょう。
 

<無料ネーミングツール5選 目次>
1)Wordoids
2)Dot-o-mator
3)Impossibly!
4)ACRONYM CREATOR
5)Panabee



 
 

1)Wordoids

Wordoidsは、自動造語ジェネレーター。ベースとなるキーワードを入力し、名称全体の文字数(5〜15文字)を選んで、実行ボタン「Create wordoids」をクリックすれば、」を挿入してください。件に合った造語を自動生成します。
たとえば、「hacker」からはじまる10文字までの名称を指定すると、「hackerbies」、「hackerley」などの造語が生成されます。
Wordoids<画像「keieihacker_matsuoka140910_2」>

 
 

2)Dot-o-mator

Dot-o-matorは、語頭と語尾を組み合わせて、造語を自動生成するツール。語頭と語尾はいずれも、任意のワードを指定することもできますし、プルダウンの選択肢から、「Network」、「Leaders」など、語に込めたい意味合いを選ぶことも可能です。
たとえば、語頭を「keiei」とし、語尾に「Experts」の意味合いを持たせる造語を指定した場合、「keieiace」、「keieiwiz」などが自動生成されます。
Dot-o-mator<画像「keieihacker_matsuoka140910_3」>

 
 

3)Impossibly!

Impossibly!は、ベースとなるワードの前または後に、adjectives(形容詞)、verbs(動詞)、nouns(名詞)のいずれかを付加して造語を自動生成するツールです。
たとえば、ベースのワード「keiei」の後に5文字の形容詞を付加するよう指定すると、「keieiabout」、「keieimajor」といった造語が作成されます。
keieihacker_matsuoka140910_4<画像「keieihacker_matsuoka140910_4」>

 
 

4)ACRONYM CREATOR

「ACRONYM CREATOR」は、複数のワードから略称を自動生成するツール。商品・サービスのほか、プロジェクトのネーミングなどでも活用できそうです。
たとえば、「keiei」と「hacker」の2つのワードから成る略称として、「KHz」や「KErcH」などが作成できます。
ACRONYM CREATOR<画像「keieihacker_matsuoka140910_5」>

 
 

5)Panabee

Panabeeは、ドメイン名を自動検索するツール。任意のキーワードを入力し、「Search(検索)」をクリックすると、現時点で利用可能なドメイン名がリストアップされます。もちろん、このようなドメイン検索ツールは、商号や屋号、商品・サービスなど、一般的なネーミングにも活用できます。
たとえば、「keiei」、「hacker」の2つのワードから成る名称として、「keieihackr」や「mykeieihacker」などのバリエーションが自動でリストされます。
Panabee<画像「keieihacker_matsuoka140910_6」>

まとめ

いかがでしたか。創業する上で必要となる社名や、あなたの会社のサービスは、一度登録すると2度と変えられません。後悔しないネーミングにするため、このようなツールを活用してみてはいかがでしょうか。

 
 
Text = 松岡由希子

マイナンバー制度についてもっと詳しく知るには

すべての国民に番号をつけて、税・社会保障関連の手続きに活用される「マイナンバー制度」。2015年10月からマイナンバーの通知が始まります。そして、2016年1月にマイナンバー制度が開始します。
制度開始まで間もないですが、どのような制度なのかまだ調べている段階で対策にまで手が回っていない方がほとんどかと思います。
このガイドでは、マイナンバーのスケジュールやその他知っておきたい基本知識など、マイナンバーを理解するのに必要な情報を全てまとめました。
本ページを活用して、マイナンバーをマスターして有効に使いましょう!

ebook_mynumber (new)

目次

  1. 今さら聞けないマイナンバー制度とは?
  2. 制度開始までのスケジュール
  3. 収集時の本人確認の方法
  4. 保管に必要な安全管理措置
  5. マイナンバーを提供していい範囲とは?
  6. 法定調書への記入・提出方法・注意点
  7. マイナンバーによる年末調整の変更点
  8. マイナンバーに関してよくある質問10選
無料でダウンロード
無料でダウンロード