連載8本を抱えるウェブライターが教える!フリーライターの仕事の取り方

imasia_327880_M

 
フリーライターになると、会社員時代とは違って自分から仕事を取りに行く姿勢が必要となります。業界内で有名人なら自然と仕事が舞い込むようになりますが、そうではない一般人の場合、初めから仕事が来ることはなかなか稀です。やはり自分で仕事を開拓していかなければなりません。というわけで今回は、ウェブライターとしての仕事の取り方をご紹介。これからフリーでライティングをやっていきたいという人の役に立てれば幸いです。

 

<目次>
1)はじめに編集部に入ってから独立する
2)メディアを受託していそうな会社に売り込みにいく
3)ウェブ編集者・ライターのFacebookグループに参加する
4)得意ジャンル以外にも裾野を広げてみる
5)業界の有名人にお世話になる


 

1)はじめに編集部に入ってから独立する

ウェブ業界には、まずはウェブ編集部に入社して数年間修行し、その後独立するというキャリアパスがあります。編集部に所属していれば、独立した後も仕事を振ってもらえる可能性が高いです。編集部としては気心の知れたライターを使いたいところですし、ライター側としても仕事を進めやすいでしょう。もちろん円満に独立することが前提となりますが、うまくいけば重要な取引先になります。

 
 

2)メディアを受託していそうな会社に売り込みにいく

1社で複数ウェブメディアの運営を受託している会社はたくさんあります。そういった会社に売り込みにいけば、1つのメディアだけではなく、複数メディアの仕事を任されることも。編集者の横のつながりで媒体を紹介してくれるのです。まずはウェブメディアの運営会社を調べて、いくつの媒体を持っているかをチェックしてみましょう。

 
 

3)ウェブ編集者・ライターのFacebookグループに参加する

Facebook上には、ウェブ編集者やライターのグループがいくつか存在します。まずはそこに参加してみましょう。定期的に「ライター募集」の情報が流れるので、募集者にコンタクトを取ってみてください。相手とFacebookで友達関係でなくても、とりあえずメッセージを送ってみると、相手も反応してくれることがあります。その際には、今まで執筆した記事のポートフォリオをまとめたデータ(PowerPointなど)を送ることを忘れずに。

 
 

4)得意ジャンル以外にも裾野を広げてみる

自分の得意分野だけで媒体を増やそうとすると、書くことができる媒体も限られます。とくにウェブ媒体だと競合関係にある場合もあり、編集者としては「うちだけで書いて欲しい…」というケースも発生してしまうことも。ですので、なるべく同じ業界での連載は避けるようにし、複数の業界に仕事の幅を広げてみてはいかがでしょう? まったく関心の無い業界まで進出する必要はありませんが、得意なジャンルを少しずつ増やしていけば、後々のキャリアにも良い結果をもたらすと思います。

 
 

5)業界の有名人にお世話になる

業界で顔の広いライターさんとのコネクションも大事。有名な人であれば、それだけ仕事も集まってきます。そういった有名人と親しくしていると、仕事を自分に振ってもらえることが多々あります。有名な人に取り入る必要はありませんが、日頃から仲良くしておくと後々助けられることもあります。今回はウェブライティングの仕事の取り方を中心にまとめました。私自身、多くの編集部の方々・ライターさん・ブロガーの皆さんに助けられ、なんとか毎日仕事ができています。人とのつながりにいつも感謝してばかりです。やはり人とのつながりを大事にしていきたいと感じています。

ちなみに私の知り合いのライターは、自分の今まで書いたコンテンツを「NAVERまとめ」にまとめて編集者にURLを送っていました。「NAVERまとめ」にしておけば、売り込むときもURLだけで済むので効率的です。「NAVERまとめ」以外にも、「SlideShare」などを使って情報発信するという手もあります。まずは自分の今までの実績をPRしてみてはいかがでしょうか?

 
 

人気ウェブ編集部まとめ

ニュース
ウェブ編集部に修行に行くなら、人気サイトがもちろんいいですよね。以下のサイト以外にも、様々なジャンルの編集部がありますので、得意分野を活かし、ライター業界に飛び込んでみてはいかがでしょうか。

Business Media 誠
ビジネスパーソン向け情報にフォーカスしたWebサイトです。3カ月ごとに新しく始まる特集や、日替わりのコラム「時事日想」など、さまざまな記事を掲載中。

ライフハッカー[日本版]
生活全般に役立つライフハック情報を日々お届け中。

HRナビ
IT業界のトレンドからこれからの働き方を提案する情報を配信中。

ガジェット通信
ネットで起きたさまざまな出来事や最新ガジェット情報を配信中。

ギズモード・ジャパン
様々なガジェット情報を配信中。

ナタリー
最新JAPANポップカルチャーを配信中。

介護のほんねニュース
グリー株式会社の子会社「プラチナファクトリー株式会社」が運営するの介護ニュース。ニューヨークの介護など新感覚の介護情報満載。

Response.jp
新型車やモーターショーの最新情報や分析コラムなどを毎日約30回更新中。

 

まとめ

いかがでしたか。フリーのライターとして活躍するためには、1にも2にも人脈形成が大事ですね。数年間Webライターとして人脈形成する目的で、あなたも編集部で働いてみてはいかがでしょう? また、Facebookなど積極的に同業者コミュ二ティーを形成しましょう! いつかは頼られる存在になるかもしれませんよ!
 
 
TEXT=安齋慎平
 
 
———–
このブログは、クラウドで、請求書が発行できる会計ソフトfreee(フリー)が運営しています。
全自動のクラウド型会計ソフトfreeeなら、請求書も見積書も納品書もクラウドで簡単作成。
インライン-レクタングル(請求書)