寡婦(寡夫)控除 | 年末調整

本年の途中で寡婦(夫)になったら

本年の途中で所得者本人が寡婦または寡夫に該当することとなった場合は、所得控除の対象になりますので、年末調整において「扶養控除等(異動)申告書」に記載する必要があります。

 

寡婦とは

寡婦とは、受給者本人(女性)が、原則としてその年の12月31日時点で、次のいずれかに該当する人をいいます。

1) 下記に該当する人で、扶養親族または生計を一にする(※)子のある人 ・夫と死別した後、婚姻していない人 ・夫と離婚した後、婚姻をしていない人 ・夫の生死が明らかでない人

※ここでいう「生計を一にする」とは、必ずしも同居を要件とするものではありません。例えば、勤務、修学、療養等の都合上別居している場合であっても、余暇には起居を共にすることを常例としている場合や、常に生活費、学資金、療養費等の送金が行われている場合には、「生計を一にする」ものとして取り扱われます。

・2) 下記に該当する人で、合計所得金額が500万円以下の人 ・夫と死別した後、婚姻していない人 ・夫の生死が明らかでない人

離婚の場合は、扶養親族などがなければ合計所得金額が500万円以下であっても寡婦には該当しません。

また、寡婦に該当する人が、扶養親族である子を有し、かつ合計所得金額が500万円以下の場合は、「特別寡婦」に該当します。

 

寡夫とは

寡夫とは、受給者本人(男性)が、原則としてその年の12月31日時点で、次のいずれかに該当する人で、生計を一にする子を有し、かつ合計所得金額が500万円以下の人をいいます。

1) 妻と死別した後、婚姻していない人 2) 妻と離婚した後、婚姻をしていない人 3) 妻の生死が明らかでない人

 

<年末調整に関するすべての疑問を解決したい方はこちら>

・「年末調整ガイド|年末調整に関する疑問すべて解決【永久保存版】

人事労務freee