あなたの会社は安全?経営者なら知っておくべき「貸借対照表」の基本

【税理士が教える】貸借対照表は決算に必要な「会社の健康診断書」?

健康診断皆さん、「貸借対照表」ってご存知ですか? 会社が決算期に作成しなければならない書類「貸借対照表」「損益計算書」「キャッシュフロー計算書」のうちの1つです。

<決算期に必要な書類の役割とは?>
「損益計算書」を会社が収益性を表示する「会社の成績表」
「キャッシュフロー計算書」を会社のお金増減と流れを表示する「会社の家計簿」
「貸借対照表」は会社の財務状況を表示する「会社の健康診断書」

実は貸借対照表を読むことで、ウチの会社は安全な会社か? 倒産するリスクはないか?金融機関はウチの会社にお金を貸してくれるのか? が分かってしまいます。皆様もこれを読んで貸借対照表の読み方を覚えましょう!

<目次>
1)貸借対照表のキホン
・資産の部を見てみよう
・負債の部を見てみよう
・純資産の部を見てみよう
2)ウチの会社は大丈夫?
・自己資本利益率
・流動比率
・当座比率
3)金融機関が融資をしてくれない?貸借対照表
・純資産の部がマイナス
・回収できない売掛金がずっと記載されている
・商品・製品等が水増ししている
・仮払金が多い
・役員貸付金がある
まとめ:貸借対照表を改善するために
ダウンロードページはこちら
クラウド確定申告ソフト今すぐ使える

1)貸借対照表のキホン

皆さんの会社の貸借対照表をご覧ください。こんな感じですよね?
貸借対照表貸借対照表は資産の部、負債の部、純資産の部の3つに分解することが出来ます。左側(資産の部)はウチの会社にどんな資産がいくらあるのかを表示し、右側(負債の部と純資産の部)はその資産を購入する為の資金を会社がどうやって集めたかが表示します。資産の部の合計額と負債の部・純資産の部の合計額は一致します。ですので、別名バランスシートとも言います。

資産の部とは?

資産は現金預金といったキャッシュばかりではありません。購入した商品・会社で作った製品・パソコンなどの機械・会社の建物・まだ回収できていない売掛金なども資産に含まれます。

これら資産は一年以内に現金化することが出来る「流動資産」と長期にわたり会社が保有することになる「固定資産」とに分けられています。通常は資産の部の上の段に「流動資産」、下の段に「固定資産」を表示します。流動資産とは、現金預金の他、1年以内に現金化することになる製品・棚卸資産・有価証券、株・債券等です。固定資産とは、建物・機械・土地等の長期にわたって使用する設備です。固定資産が多いという事は多額の設備投資が必要な業種であるとともに、将来のメンテナンス費用が発生する可能性も有るという事も意味しています。

負債の部とは?

負債はいつか返す必要のあるお金、支払わなければいけないお金です。

会社は負債を返せないと倒産します。負債の部も資産の部と同じように、1年以内に返済する義務のある負債を「流動負債」、1年を超えて返済する義務のある負債を「長期負債」と分けて表示します。負債には、銀行借入金のように利子をつけて返さないといけない「有利子負債」と買掛金支払利息のように利子をつけて返さなくてもいい「無利子負債」があるのも、大事なポイントです。負債総額が多い会社は それだけ「倒産のリスクがある」という事です。さらに、有利子負債の多い会社は「負債を返済するだけでなく多額の支払利息を支払う必要がある」という事です。

純資産の部とは?

純資産とは負債と違い返す必要のないお金です。

株主が会社に入れてくれたお金で、会社の元手となる「資本金」「資本剰余金」会社の前期以前の利益の蓄積と当期の純利益の合計を「利益剰余金」といいます。
赤字が毎期続くと利益剰余金が減っていき、ついには純資産がマイナスになります。この状態を「債務超過」といいます。債務超過になったからといってすぐには倒産しませんが、今後倒産のリスクは高くなります。

2)ウチの会社は大丈夫?

hand and a calculator
何度も申し上げますが、負債の返済出来ないと会社は倒産します。倒産しないためには返済できる資金を確保する必要があります。会社の返済能力や安全性を分析する手法をご紹介します。

自己資本比率=純資産合計÷資産合計 

 
会社の資産を取得するために集めた事業資金のうち、返す必要のない純資産の割合を示したものです。この割合が高いという事は返さなければいけない負債が少なく、また負債の金利負担も少ないという事になります。自己資本比率は高いに越したことはありませんが、40%以上でしたら倒産しにくい会社と言えます。

流動比率=流動資産÷流動負債

1年以内に支払わなければならない負債をちゃんと支払えるか?を分析します。
・200%以上の会社→滞りなく負債を返済している会社
・100%以下の会社→負債返済に苦しんでいる会社

と分析することが出来ますが、現実的には120%以上あれば安全とされています。

当座比率=当座資産÷流動負債

たとえ流動比率が200%以上あっても、その流動資産が売れない商品やら貸倒れそうな売掛金だったら実際の支払い能力はないという事です。
当座資産とは、流動資産の中で現金化しやすい資産(現預金・売掛金・有価証券・受取手形等)を言います。
この比率で会社の本当の支払い能力を分析する事が出来ます。100%以上が望ましいとされています。

3)金融機関は貸借対照表のどこを見るのか?

銀行決算書は、銀行の融資審査のウエートの大部分を占めます。

金融機関は決算書を見て判断!
・本当は赤字なのに粉飾決算で黒字に見せかけていないか
・会社の預貯金を本業以外の不適切な取引に流用していないか
・貸したお金をちゃんと返済できる財政状態なのか

純資産の部がマイナス

資産を全部売り払っても払いきれない負債がある債務超過がある会社。この場合は融資を受ける事は難しいでしょう。

回収できない売掛金がずっと記載されている

・貸倒れた売掛金
・実は架空売上げで資産価値のない売掛金

売掛金をゼロで評価しても、純資産の部がマイナスになっている場合は、融資が難しくなります。

商品・製品等が水増し計上されている

期末の商品・製品の在庫数を水増しすると→売上原価が減少する→利益が増加したように見える
「やりがちな」粉飾決算ですが、過年度の売上原価率(売上原価/売上高)などを見れば、この粉飾は見抜かれてしまう可能性があります。

仮払金が多い

・本業以外の支出で表に出せない取引を仮払金に計上したのでは
・経理処理がずさんな会社なのでは

とマイナスのイメージを与えます。

役員貸付金がある

利益を多く見せるため役員報酬を少なく計上し、足りない分は役員貸付金という名目で支払っているのではないか。と怪しまれます。

まとめ:貸借対照表を改善するために

いかがでしたか?貸借対照表を読む事で、会社の安全性、金融機関の評価が分かるのです。安全な会社になりたい。融資を受けて会社をステップアップさせたい。そう思いましたら、ぜひ経営の専門家のアドバイスを受けましょう。そして一緒に会社の体質改善をしていきましょう。きっと花マルの「健康診断書」が出来るはずです。

TEXT=横浜国際税理士法人 横浜南事務所 榊原志づか

経理・決算、税金の基礎についてもっと詳しく知るには

経理や決算、税金の計算は、会社を設立した以上避けては通れないもの。何から始めていいかもわからないという方は、まずはその全体像を掴みましょう。
このガイドでは初めて経理や決算を行うという方を対象に、その入門となる知識をご紹介します。経理や決算にどんな作業が必要で、税金とは具体的に何を指すのか。
このガイドでスムーズに経理業務をスタートしていただければ幸いです。

ebook_keiri_cover-small

目次

  1. 会社の経理を始めるために
  2. 法人の決算に必要なものまとめ
  3. 貸借対照表で会社の資産状況を把握しよう
  4. 損益計算書で会社の利益を把握しよう
  5. 法人のための税申告・納付まとめ
  6. 法人にかかる税金は9種類もある
  7. 税金を滞納したら、どんな罰則がある?
  8. 法人のための節約のコツ
無料でダウンロード
無料でダウンロード