現金出納帳の書き方完全ガイド。記入方法すべてまとめました。

現金出納帳
経理を語る上では必ず出てくる「現金出納帳」。複式簿記で記入する際には必ず必要になる帳簿です。経理担当者ではなくとも、簿記の勉強をしたことがある人であれば見たことのある人もいるのではないでしょうか?というわけで今回は、この現金出納帳について説明していきます。

参考リンク: 現金出納帳の無料テンプレート

 

<現金出納帳:目次>
1)現金出納帳とは(1)経理書類には2種類ある
2)現金出納帳とは(2)現金の出入りを記録するもの
3)実際の現金出納帳の記入方法
4)現金出納帳から総勘定元帳への転記
5)市販のテンプレート
6)会計ソフトなら自動転記!
■まとめ

ダウンロードページはこちら
法人にピッタリ!会計ソフト

 

1)現金出納帳とは(1)経理書類には2種類ある

そもそも、経理業務で使用する書類は、「主要簿」と「補助簿」に分かれます。主要簿とは、決算書(貸借対照表や損益計算書など)を作るために作成が義務付けられている帳簿のこと。「仕訳帳(取引の流れを時系列ごとに仕訳したもの。伝票の束で代用できる)」と「総勘定元帳(仕訳帳の内容を勘定科目ごとに記録したもの)」の2冊があります。
 
補助簿とは、主要簿で網羅できない、より詳細な取引状態を記録するものです。現金出納帳や仕入帳、固定資産台帳などがこれにあたります。どの補助簿が必要になるかについては、会社・事業主の規模や業務内容によって異なります。

 
 

2)現金出納帳とは(2)現金の出入りを記録するもの

現金出納帳とは(2)
 
現金出納帳は「補助簿」です。入金伝票や出金伝票などの記録をもとに行い、日付、取引内容、借方、貸方、残高などを記入します。いわば「現金の入出金を記録する帳簿」です。現金出納帳に記入したら、総勘定元帳に転記することになります。
 
ポイントは実際の残高と現金出納帳の残高を常に一致させること。交通費や文房具など、こまかい現金の動きがあると思いますので、漏れなく記入しましょう。また領収書のないもの(ご祝儀など)もあるので、現金の出し入れがあったらすぐにメモしておくようにしましょう。万が一現金残高と帳簿残高の過不足が生じる場合は、「現金過不足」または「雑収入」「雑損失」で処理します。現金過不足が多いと経営者としての金銭感覚がルーズであるとみなされ、税務調査の際に心証が悪くなりやすいそうです。

 
 

3)実際の現金出納帳の記入方法

それでは実際に現金出納帳に記入してみましょう。
現金出納帳に記入
 
現金出納帳は、現金が増えたら左側に、現金が減ったら右側に書きます。
たとえば、平成26年9月5日に売掛金100円を現金で回収した場合の記入方法です。仕訳は以下の通り。

(借)現金    100 |(貸)売掛金    100

これを現金出納帳に記入すると以下のようになります。
現金出納帳に記入2
 
売掛金の場合は、元丁欄に「レ(チェック)」を入れます。
 
次に、総勘定元帳への記入を考えてみます。平成26年9月26日に受取利息50円を受け取った場合の記入方法です。仕訳は以下の通り。

(借)現金    50 |(貸)受取利息    50

これを現金出納帳および総勘定元帳に記入する場合は以下の通り。
総勘定元帳に記入
 
元丁には総勘定元帳のページ数を書きます。受取利息が増えているので、総勘定元帳の右側に記入します。

 
 

4)現金出納帳から総勘定元帳への転記

売掛金・買掛金や現金は月末に総勘定元帳に転記しなければなりません。たとえば以下のような現金出納帳があったとします。これを月末に総勘定元帳へ転記してみましょう。
総勘定元帳への転記
 
まずは売掛金・買掛金の記入です。
売掛金買掛金の記入
 
このように、日付を30日(末日)として記入します。摘要に売掛金(買掛金)と書いたら、「売掛金」「買掛金」「諸口」に写し、総勘定元帳に転記します。現金出納帳の元丁の部分には、総勘定元帳のページ数を記入します。

 
次に現金の転記です。
現金の転記
 
現金が増えた側(左側)と現金が減った側(右側)の合計を記入し、それぞれ転記します。
 
それでは前月繰越の記入と帳簿の締切です。
前月繰越の記入と帳簿の締切
 
左側に「前月繰越」を記入し、諸口に合計(400+400=800)を記入します。右側には総勘定元帳の差額を記入します。400+400-300=500となるので、次月繰越には500と記入します。500円分今月は現金が増えていることがわかりますね。
左右の諸口に800と記入して締めます。左側が400+400=800、右側が300+500=800となっていることを確認してください。これで現金出納帳の転記は終わりです。

 
 

5)市販のテンプレート

市販の「現金出納帳」の場合は、上で紹介した形式と異なります。
市販の現金出納帳の場合
 
上図で、①-②=③、②+③=④であることを確認してください。これらの記帳は入金伝票・出金伝票をもとに記入していきます。最後、①と④が一致することを確認してください。

 
 

6)会計ソフトなら自動転記!

会計ソフトを使えば、現金出納帳に記入するだけで、仕訳帳や総勘定元帳などに自動的に転記してくれます。そのため、会計ソフトを使えば、上記のような転記の煩わしさがなくなります。会計ソフトはそれほど高くないので、導入を検討するのも良いでしょう。

 
 

■まとめ

いかがでしたでしょうか? 今回は現金出納帳を取り上げましたが、補助簿にはほかにも「銀行勘定帳」「手形記入帳」「仕入帳」「売上帳」などいくつか存在します。これらは業種によって必要なものとそうではないものに分かれますので、専門家などに確認して作成するようにしてください。

 
 
TEXT=安齋慎平

経理・決算、税金の基礎についてもっと詳しく知るには

経理や決算、税金の計算は、会社を設立した以上避けては通れないもの。何から始めていいかもわからないという方は、まずはその全体像を掴みましょう。
このガイドでは初めて経理や決算を行うという方を対象に、その入門となる知識をご紹介します。経理や決算にどんな作業が必要で、税金とは具体的に何を指すのか。
このガイドでスムーズに経理業務をスタートしていただければ幸いです。

ebook_keiri_cover-small

目次

  1. 会社の経理を始めるために
  2. 法人の決算に必要なものまとめ
  3. 貸借対照表で会社の資産状況を把握しよう
  4. 損益計算書で会社の利益を把握しよう
  5. 法人のための税申告・納付まとめ
  6. 法人にかかる税金は9種類もある
  7. 税金を滞納したら、どんな罰則がある?
  8. 法人のための節約のコツ
無料でダウンロード
無料でダウンロード