無料クラウドサービス総合比較!【小規模企業・個人事業主必見】

無料オンラインストレージサービス比較!小規模企業や個人事業主であればこれで十分!

無料クラウド
クラウドサービスって一度は聞いたことがあると思いますし、もうすでに利用しているという方も多いのではないかと思います。クラウドサービスは、使いこなせるようになれば本当に便利なサービスです。しかも!クラウドサービスは無料で利用できるんです!
 
無料で使えるって言うくらいだから大したことができないんでしょ?と思われるかもしれませんが、違うんです。本当に無料で十分な機能を備えているんです。クラウドサービスには様々な種類がございますが、その中でも今回は、ファイルやメモを保存するオンラインストレージサービスについて紹介致します。
 

[目次]
■1)クラウドサービスとは?
■2)無料で使えるクラウドサービス比較
■3)クラウドサービス比較まとめ

 

■1)クラウドサービスとは?

クラウドサービスとはどのようなサービスなのでしょうか?クラウドという英語を日本語に直訳すると「雲」という言葉になります。
すなわちクラウドサービスとは、「雲のような場所(=ネット上)にデータを保存し、いつでもどこでも好きな端末から同じデータにアクセスできる」サービスのことを指します。
 
これまで、あるパソコンで入力してきたデータはそのパソコンでしか閲覧したり、編集したりすることは出来ませんでした。しかし、クラウドサービスを利用すると、あるパソコンで作成した文書も表計算も、このパソコンとは別のパソコンやスマートフォンから編集したり加工を加えたりすることが出来るようになるのです!
 
しかも同時に複数人が同じデータにアクセス可能です。大量のデータを無料で保管することができ、そのサービスのほとんどが専用のソフトウェアをインストールすることなしに利用することができます。
 
いつでも、どこでも、どんな端末からも同じデータにアクセスして編集や加工を自由に行うことができる、クラウドサービスはITインフラの整備された現代において人々の働き方も変える可能性を秘めた画期的なサービスなのです。

 
 

■2)無料で使えるオンラインストレージサービス比較

クラウドサービスがどのようなサービスであるかについては説明しました。それでは実際にどのようなオンラインストレージサービスが提供されているのか、実例を挙げてご紹介していきたいと思います。

 

1)Dropbox

オンラインストレージサービスとして最も有名なものの一つです。保存したいデータや共有したいデータを、ドロップボックスのフォルダに入れるだけで保存共有できてしまいます。無料で2GBまで利用できるので、クラウドサービス初心者はまずここからはじめてみてはいかがでしょうか?

 

2)Bitcasa

Dropboxと並んで有名なオンラインストレージサービスの一つです。クラウド上にある保存領域を使用しているので、利用者のローカルPCの空き容量を使うことが全くないため、容量不足を起こすことがありません。こちらも初心者にお勧めのサービスです。

 

3)Copy

Dropboxと同様に、保存・共有したいデータをフォルダに保管するだけのシンプルな作りになっているため、利用者も多く初心者にも扱いやすいと評判のオンラインストレージサービスです。

 

4)Googleドライブ

あのGoogleが提供するオンラインストレージサービスです。WordやExcel、PowerPointなどもクラウド上で共有できます。業務の効率化が進むこと間違いなしです。

 

5)iCloud

Appleの提供するクラウドサービスです。音楽データはもちろんですが、アプリや画像データなどもクラウド上に保存することができます。

 

6)Evernote

その名の通りノートなのですが、文字だけでなく、写真や音声などもクラウド上に保存できてしまうのです。オンライン上でメモを取りながら写真や音声も保存できる便利なサービスです。

 

7)Simplenote

Evernoteと同様の機能を備えていますが、こちらはノート機能に特化しています。メモ機能にこだわった結果、軽快な操作感が生まれ、多くの支持を集めています。

 
 

■まとめ)クラウドサービス比較

本稿では、クラウドサービスとは何か? どのようなクラウドサービスが提供されているのか、ということについて説明してきました。
いっぱいありすぎてどれを利用したらよいか分からないという方は、一度全部利用してみて、それから自分に合う合わないを判断してみてはいかがでしょうか?何と言っても、無料のサービスなのですから!

 

———–
このブログは、クラウドで、請求書が発行できる会計ソフトfreee(フリー)が運営しています。
全自動のクラウド型会計ソフトfreeeなら、請求書も見積書も納品書もクラウドで簡単作成。

マイナンバー制度についてもっと詳しく知るには

すべての国民に番号をつけて、税・社会保障関連の手続きに活用される「マイナンバー制度」。2015年10月からマイナンバーの通知が始まります。そして、2016年1月にマイナンバー制度が開始します。
制度開始まで間もないですが、どのような制度なのかまだ調べている段階で対策にまで手が回っていない方がほとんどかと思います。
このガイドでは、マイナンバーのスケジュールやその他知っておきたい基本知識など、マイナンバーを理解するのに必要な情報を全てまとめました。
本ページを活用して、マイナンバーをマスターして有効に使いましょう!

ebook_mynumber (new)

目次

  1. 今さら聞けないマイナンバー制度とは?
  2. 制度開始までのスケジュール
  3. 収集時の本人確認の方法
  4. 保管に必要な安全管理措置
  5. マイナンバーを提供していい範囲とは?
  6. 法定調書への記入・提出方法・注意点
  7. マイナンバーによる年末調整の変更点
  8. マイナンバーに関してよくある質問10選
無料でダウンロード
無料でダウンロード