【ダブルワークしている人必見】会社が教えない年末調整方法と注意点

ダブルワークでも年末調整の手続きは必要

ダブル
一年も終わりに近づき、年末調整の時期となりました。今年一年間アルバイトを掛け持ちして、ダブルワークで頑張って働いたという方も少なくないことでしょう。ダブルワークでアルバイトをした場合、年末調整はどのように手続きをしたらよいのでしょうか。

そもそもアルバイトには、年末調整の手続きは必要ないと思っていた方もいるかもしれません。ここでは、パートやアルバイトなどダブルワークをした場合の、年末調整に必要な手続きについてご紹介したいと思います。年末に慌てないためにも、十分前もって準備をするようにしましょう。

[目次]
■1)アルバイトでも年末調整は必要なの?
■2)ダブルワークの方の年末調整
■3)年末調整ができない時の確定申告
ダウンロードページはこちら
まじめての年末調整

1)アルバイトでも年末調整は必要なの?

最近では、パートやアルバイトなど、様々な形態で働く方が増えてきました。正社員の年末調整は必要だと思っていても、パートやアルバイトの年末調整となると、そもそも必要なのだろうかと思ってしまうかもしれません。結論から言うならば、アルバイトを掛け持ちしたダブルワークであっても、年末調整は必要となるのです。

年末調整とは、アルバイト先の給料から天引きされた所得税の金額を、年末になって所得税の過不足を調整して精算することを言います。一年間の収入が103万円以下であれば、所得税はかかりませんから、源泉徴収されていても年末調整で戻ってくることになります。ですから、アルバイトであっても年末調整の手続きはする必要があるのです。

パートやアルバイトのダブルワークの場合には、どちらかの勤務先で年末調整の手続きをする必要があります。パートやアルバイトであっても、毎月の給料から所得税が天引きされている場合には、正社員と同じように年末に所得税額を調整することになります。年末調整が行なわれると、12月の給与明細に源泉徴収票が添付されてきます。

2)ダブルワークの方の年末調整

ダブルワークをしている場合、年末調整はどちらか一方の勤務先でしか受けられません。

それはなぜでしょう。

仮に、勤務先が2カ所ある人がそれぞれの勤務先で年末調整をしたとします。お互いの勤務先は、もう一方の勤務先でその人が稼いでいる所得を知りませんから、それぞれの勤務先からの収入だけをベースに年末調整の計算がなされます。
この際に、扶養控除などが重複して計算されてしまうと、所得税の計算に狂いが生じ、正しい税額を計算できなくなってしまうのです。

そのため、年末調整については、どちらか一方の勤務先でまとめて年末調整を行なう必要があるのです。
ダブルワークの場合は、より収入が多い方の勤務先に「扶養控除等(異動)申告書」を提出して年末調整をするのが一般的です。

ダブルワークの場合、2箇所で年末調整を提出することはできませんから、どちらの勤務先で手続きをするかを決める必要があります。一般的には、勤務時間や給料が多い勤務先で、年末調整を受ける方がほとんどです。会社から渡される年末調整に必要な書類は2枚ありますが、以下の通りです。

・「平成〇〇年分 給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」
・「平成〇〇年分 給与所得者の保険料控除申告書 兼 給与所得者の配偶者特別控除申告書」

上記の2枚の書類以外にも、控除の対象となる費用を証明する書類を提出する必要があります。年末調整で提出する所得税控除の対象には、以下のような書類があります。

・生命保険料控除を証明する保険会社から送付されるハガキ
・損害保険料控除を証明する保険会社から送付されるハガキ
・個人型の確定拠出年金の掛け金を証明する書類
・国民年金や国民健康保険などの社会保険料を証明する書類
・配偶者特別控除に必要な配偶者の収入証明(源泉徴収票など)
・住宅ローン控除に必要な書類(住宅借入金等特別控除証明書、申告書、借入金の年末残高等証明書)
・医療費控除に必要な医療費や交通費などを証明する領収証

3)年末調整ができない時の確定申告

会社によっては、パートやアルバイトに対して、源泉徴収票の発行や年末調整をしないことがあります。会社が年末調整を行なわない場合には、自分で確定申告をする必要があります。ダブルワークで勤務している会社で年末調整が行なわれず、自分でも確定申告をしないために、還付金を受け取れずに損をしているパートやアルバイトの人は意外と多いのです。

ダブルワークの人が行なう確定申告とは、所得税の金額を確定するために、個人で税務署に申告を行なう手続きのことです。アルバイトの一年間の給料が103万円を超えない場合には、所得税を支払う必要がないため、確定申告が不要になります。つまり給料が103万円を超える場合に、税金を支払う必要があり、確定申告を受けることになるのです。

ダブルワークで給料から源泉徴収されている場合、確定申告を受けて所得税を払いすぎていると判断された場合には、還付金を受け取ることができます。もし勤務先で年末調整が受けられず、確定申告もしないと、こうした所得税の還付金が受け取れず損をしてしまうことになるのです。

まとめ

アルバイトを掛け持ちしてダブルワークの方であっても、年末調整を行なう必要があります。年末調整は1箇所でしか提出できませんから、どちらの勤務先で手続きをするかを相談するようにしましょう。勤務先で年末調整を行なう場合には、「平成〇〇年分 給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」と、「平成25年分 給与所得者の保険料控除申告書
兼 配偶者特別控除申告書」の書類を準備し、控除の対象となる証明書類を提出することができます。年末調整をすることで、払いすぎていた所得税の還付金を受け取ることができます。もし勤務先で年末調整が行なわない場合には、自分で確定申告の手続きをするようにしましょう。

年末調整に関する疑問を解決するには

毎年冬が近づくと行われる年末調整。毎年行われる年末調整はどのようなものなのかご存じでしょうか?
年末調整に関するあらゆる疑問を一挙に解決できる年末調整ガイドを作成いたしました。
経理担当者や、中小企業担当者の方はぜひご活用下さい。

e-book_cover_年末調整_1

目次

  1. 年末調整とは
  2. 年末調整のスケジュールと対象者
  3. 必要書類を確認
  4. 給与担当者がやること
  5. 従業員がやること
  6. 年末調整チェックリスト
  7. 最後に
無料でダウンロード
無料でダウンロード