インタビューを英語でしなければいけない時の注意点と例文集

日常英会話でインタビューしたら、大変なことになりますよ!

日常英会話
日常会話なら大丈夫!電話の取次ぎも完璧!そんなあなたでも、インタビューをしなければならない場面では気をつけたいフレーズや言い回しがあります。相手に気持ちよく話してもらうためには、ちょっとしたコツがあります。気をつけたい注意点やフレーズをまとめてみました。

[目次]
■1)まずは「よろしくお願いします!」の気持ちをこめましょう。
■2)これでイチコロ!相手を味方につける魔法の相づち
■3)インタビュイーの発した単語から話を膨らまそう!
■4)you knowの多用に御注意を!イラっとする言い回しまとめ
■5)インタビューの最後には感謝の気持ちを込めたフレーズで
houzin

■1)まずは「よろしくお願いします!」の気持ちをこめましょう。

便利な日本語のひとつに「よろしくお願いします」というフレーズがあります。どのような場面でも使える万能な言い回しですが、実は英語には「よろしくお願いします」に該当するフレーズがありません。置かれている状況に応じたフレーズで「今日はよろしくお願いします」という気持ちを込めるのです。

例えば

・Nice to meet you!
(よろしくお願いします!)

・It is pleasure to meet you.
(お会いできて光栄です。)

・It is a great pleasure to meet you, Mr.***.
(***さんにお会いできて、光栄です。)

というフレーズでインタビューを始めましょう。また、名前を最後に付けることによって、「他でもないあなた」を強調することができます。あなたも「手伝ってもらって助かった」より「○○さんのおかげです」と言われたほうが、特別なんだ!という気持ちになりますよね!

また、it’sではなくit isと省略しないほうが、より丁寧な印象を与えられます。日本語だと「スイマセン!」より「すみません」のほうが丁寧な感じがしますよね。

■2)これでイチコロ!相手を味方につける魔法の相づち

相手の話に共感して同意することで、表面的なことだけでなく、相手の内なる声を引き出すことができます。

・That makes sense.
(なるほどですねー)

・That’s true.
(確かに)

・Really?/No way!
(本当ですか?信じられない!)

・It’s good to know/I didn’t know that.
(それは知りませんでした)

・I completely agree with you
(激しく同意します)

「Are you kidding/ joking?(ふざけてる?冗談でしょ?)」「Are you out of your mind?(斜め上に行っちゃった?)」というフレーズは、いくらインタビュイーが年下であっても、取材させてもらう立場からするなら、不適切な表現です。

Exactly.も同意の相づちとして多用されますが、お互いに前から知っていた事実に対して同意するフレーズです。インタビューの定義として「それは知らなかった!」という話を聞きだす作業であるならば、Exactly(そうそう!そうなんだよね!)よりもThat makes sense.(なるほどですねー)のほうが、相応しいでしょう。

■3)インタビュイーの発した単語から話を膨らまそう!

「yes,I see.」で次の質問に進んでしまっては、せっかく答えたインタビュイーがあまりにも可哀想です。インタビュイーの回答をオウム返しで要約し、相手の同意によってその質問を終わらせる流れが理想的です。

また、直前の会話で「music」という単語が出てきたとしましょう。「now you said “like music”,what music are you into?(いま音楽のようにとおっしゃいましたが、なにかハマっている音楽とかあるんですか?)」と脱線してみると、意外な回答を得ることができて、インタビューの時間を、よりわくわくしたものに変える効果があります。

■4)you knowの多用に御注意を!イラっとする言い回しまとめ

・you kow(知ってると思うけど)
・anyway(とにかく どっちみち)
・whatever(どうでもいい)
・actually(意外と、本当に、信じられない、やっぱり)

などが、地雷フレーズであることが多いです。

you knowには、
・文頭のyou know
・文中のyou know
・最後のyou know

があります。文頭のyou knowは「~じゃないですか」という意味になるので、話の内容によっては失礼になる場合があります。文中のyou knowは「あのー」「えっとー」という間を持たせるための言葉となります。
最後につけるyou knowは、相手が同意してくれそうなときに使えるので、質問→回答という因果関係ではなく、会話を通じてインタビューしている雰囲気を持たせることができます。you knowの使い方に自信がなければ、わざわざ地雷を踏みに行く必要はまったくありません。言いそうになったら口を閉じましょう!

actuallyは実にさまざまな場面で用いられる万能副詞です。万能であるがゆえに、使い方を間違えると相手を揶揄したり侮辱しかねないフレーズになることも考えられます。使い方に自信がなければ避けたほうがいいでしょう。

■5)インタビューの最後には感謝の気持ちを込めたフレーズで

インタビューが終わり、最後はもちろん感謝の気持ちの述べます。しかし、相手から参考になる話を聞きだしておいて「Thank you」や「Thank you very much」だけではあまりにも素っ気なさすぎます。

・Thank you for taking the time to interview with us.
(インタビューの時間を設けてくださり、ありがとうございました。)

・Thank you very much for coming today.
(本日はお越しいただき、ありがとうございました。)

このようなフレーズで、相手の貴重な時間を使わせてもらったことに対して御礼を述べます。経営者や起業家などは時間に対する概念が、非常にシビアです。1秒たりとも無駄にしない思想が身についているため、お金では買えない「時間」を割いてくれたことに対して感謝の気持ちを伝えることで、「来てよかった!」「いい時間を過ごせた!」「また明日から頑張ろう!」と思ってくれることでしょう。

■英語インタビューまとめ

さて、『インタビューを英語でしなければいけない時の注意点と例文集』はいかがだったでしょうか。

インタビューするにあたってネイティブのようにする必要はまったくありません。filler wordsと呼ばれる、間をもたせるための言葉、日本語で言うところの「あのー、」「えっとー、」「なんだっけー、」という言葉は、英語で話す必要はありません。むしろその部分だけ日本語で話してもいいくらいです。日本語勉強中の外国人の方が「あー」「そのー」の部分だけ流暢に話していたら、あなたはどう思いますか?

英語でも日本語でも、インタビューの基本原則『「相手から話を聞きだすこと』を主軸におけば、あなたの誠実さが伝わり、質の高いインタビューをすることができるのです。