去年と今年の年末調整って何か違うの?損をしないために知っておくべき2つの変更点

去年と今年の年末調整って何か違うの?

変更

今年も年末調整の時期がやってきました。
年末調整は、毎年毎年、若干ですが変更点があります。

ところで皆さんは、今年の年末調整の変更点はご存知でしょうか。
去年と同じようにやると、無駄な損をしてしまう可能性があります。

そこで今回は、年末調整で、昨年までと比較して変更した点を2つご紹介します。

 

■その1)生命保険料控除の対象となる共済契約の範囲

共済協同組合連合会(火災共済の再共済の事業を行う協同組合連合会)の締結した生命共済契約が追加されました。

ちなみに、生命救済契約とは、被共済者の疾病または傷害による死亡および高度障害に対して保障し、また、特約により生前給付に対して保障するという契約です。

 

■その2)地震保険料控除の対象となる共済契約の範囲

火災共済協同組合の締結した火災共済契約に代えて、火災等共済組合の締結した火災共済契約が追加されました。

ちなみに、火災共済契約とは、火災・風水害など幅広い損害に対して保障するという契約です。

■最後に

これらの変更は、平成26年4月1日以後に支払う掛金について適用されます。
小さい変更点かもしれませんが、意外と見落としがちな方が多いので、ぜひチェックしてみてください。

<年末調整に関するすべての疑問を解決したい方はこちら>

・「年末調整ガイド|年末調整に関する疑問すべて解決【永久保存版】

給与計算についてもっと詳しく知るには

複雑な給与計算の仕組みや給与計算のルールがよく分かるガイドを無料配布中です!マイナンバー導入によってどんな対応が必要なのか?様々な税金の計算と仕組みは?これ一冊で給与計算の仕組みが分かります!

ebook_kyuyo_cover-small

目次

  1. 給与計算って?意外と複雑な給与の仕組み
  2. 職業規則や給与規定は、給与計算のルール
  3. 入社手続きに必要なものまとめ
  4. 給与明細を見れば給与計算がわかる
  5. 残業代の計算は、◯倍で考えよう
  6. 労働保険は、年度更新が重要
  7. 社会保険の計算と定時改定
  8. 所得税の計算と源泉徴収の仕組み
  9. 住民税は計算が不要?
  10. 年末調整とは?その流れと必要な作業
  11. 源泉徴収票の構成を理解しよう
  12. マイナンバーにはどんな対応が必要?
無料でダウンロード
無料でダウンロード