試算表|Excel(エクセル)で作成するテンプレートの総まとめ

Excel(エクセル)で作成する試算表のメリット

imasia_9797658_S 試算表を作成するテンプレートには、Excel(エクセル)で作成する方法と、会計ソフトを利用して作成する方法があります。Excel(エクセル)で作成する試算表のテンプレートには、様々なメリットがあります。Excel(エクセル)は大抵のパソコンに入っていて、多くの人が操作方法を知っているので、会計ソフトを購入しなくても楽に作成することができます。

とはいえ、どうやってExcel(エクセル)で試算表を作成するのか、最初は分からないのが正直なところかもしれません。ここでは、Excel(エクセル)を使った試算表のテンプレートの作り方について、ご説明したいと思います。

[目次] ■1)そもそも試算表って何? ■2)無料で使えるExcel(エクセル)のテンプレート ■3)Excel(エクセル)を使った試算表の作り方 ■4)Excel(エクセル)で試算表を作成するメリット

■1)そもそも試算表って何?

試算表とは、会社の経営状態や貸借状況に、記載ミスや問題が生じていないかを把握するための一覧表で、Excel(エクセル)で作成することができます。試算表を活用することで、記載上でのミスがないかどうかを確かめることができます。

試算表では、貸方の合計金額と借方の合計金額が一致するので、早めにミスを見つけることができるのです。Excel(エクセル)を活用して、合計試算表、残高試算表、合計残高試算表という3種類のテンプレートを作成することができます。

Excel(エクセル)で試算表を作成すると、貸方と借方が同じ金額になるため、取引が多い会社であっても合計金額が一致して、経営状態や損益の状況を正しく把握することができるのです。毎月のように作成することで、決済の時に管理が容易になります。

■2)無料で使えるExcel(エクセル)のテンプレート

ここでは、無料でダウンロードして活用できる、Excel(エクセル)のテンプレートをいくつかご紹介しましょう。

EXCEL Free 見積書・納品書・請求書・合計請求書などの実用テンプレートを無料でダウンロード。 EXCEL Free

みんエク 作業の効率化を突き詰めたテンプレートがダウンロードできます。 みんエク

Office Online 用テンプレート マイクロソフトの様々なテンプレートを活用できます。 Office Online 用テンプレート

■3)Excel(エクセル)を使った試算表の作り方

Excel(エクセル)を活用して、試算表のテンプレートを作成してみましょう。ここでは、勘定科目表、仕訳帳、残高試算表の作り方について解説します。

1.勘定科目表の作り方

試算表をExcel(エクセル)で作成する際に、まずは勘定科目表から始めましょう。勘定科目は、会社の営業で必要な科目を選んで、一覧表を作成することができます。最初の行に見出しを入れ、種別、勘定科目名、摘要などの項目を作りましょう。

2.仕訳帳の作り方

次に仕訳帳の作成方法について、見ていきましょう。仕訳帳を作成するにあたり、作っておくべき項目は、日付、借方勘定科目、金額、貸方勘定科目、金額、摘要の順になります。項目名はこの他にも、会社の営業の必要に応じて、追加することができます。試算表において、この仕訳帳は非常に重要な役割を果たします。

3.残高試算表の作り方

残高試算表では、勘定科目表のそれぞれの項目に関して、仕訳帳に記載された金額を合計することになります。Excel(エクセル)で自動計算をする場合、残高がマイナスの金額になることがありますが、絶対値があっていれば問題がありません。

■4)Excel(エクセル)で試算表を作成するメリット

Excel(エクセル)で試算表を作成することには、どんなメリットがあるのでしょうか。Excel(エクセル)を使い慣れている人は多いので、シンプルに使いこなせて実用的だというメリットがあります。また会計ソフトを購入する必要がないので、経費を減らすことができるでしょう。他のソフトでも読み込みができたり、グラフ化して解析したりできるのもメリットです。

Excel(エクセル)の表は多くの人が見慣れているので、会社の従業員も分かりやすく、1シートごとに分類して管理できます。例えば、月ごとに新しいシートを作成すれば、12か月分を分けて計上できます。Excel(エクセル)の自動計算機能を設定すれば、金額を記載するだけで、素早く計算ができるようになります。

■Excel(エクセル)で作成する試算表のまとめ

Excel(エクセル)で試算表を作成することで、会社の経営状態や記載ミスなどを把握でき、問題点を早期に発見することができます。Excel(エクセル)は多くの人が慣れているツールで、とても見やすいですし修正もしやすいので、便利良く活用できると思います。Excel(エクセル)をフル活用して、試算表のテンプレートを作成してみましょう。

パソコンショップなどで市販されている会計ソフトを使えば、自分で考えることなく試算表を作成できますし、法人税や消費税の計算もできます。また申告表を出力できたり、勘定科目の作成が簡単などのメリットがあります。