エクセル請求書なんてもう古い?クラウド型請求書テンプレートのまとめ

クラウド型請求書を利用して管理も送付もスマートに

クラウドサービス 商品やサービスの売買取引において重要な役割を果たしている請求書ですが、最近ではクラウド型の請求書が使われることが多くなってきました。これまでエクセルを活用した請求書が便利よく活用されてきましたが、クラウド型請求書の普及に伴い、エクセル請求書が徐々に古くなりつつあるのです。

クラウド型請求書のテンプレートを活用することで、ビジネスがより簡単でスマートになります。とはいえ、クラウド型請求書の意味が分からなかったり、使い方が分からない方も少なくないと思います。ここでは、クラウド型請求書のテンプレートの使い方やメリットについて、分かりやすくご紹介したいと思います。

[目次] ■1)クラウド型請求書のテンプレート ■2)クラウド型請求書のメリット ■3)エクセル請求書はもう古い?

 

 

■1)クラウド型請求書のテンプレート

クラウド型請求書のテンプレートを、インターネット上から無料で請求書を作成できるホームページが増えており、簡単に利用することができます。会員登録が必要なホームページもありますが、たいていは無料で活用することができます。テンプレートも、それぞれに書式やデザインが異なっていますから、会社と取引先にとって心地の良い書式を選ぶようにしましょう。ここでは、クラウド型テンプレートを無料で利用できるホームページをご紹介します。

ラクール請求書 無料で使用でき、多くの会社が採用しています。

misoca(ミソカ) 使いやすさが徹底追求されており、ワンクリックで送信できます。

freee(フリー) 二つ窓付き請求書にも対応しており、使いやすさに優れています。

ZOHOインボイス

■2)クラウド型請求書のメリット

最近では、クラウド型請求書が注目されており、エクセル請求書が徐々に古くなりつつあります。クラウド型請求書について見る前に、最近世の中で話題になっているクラウドとは、何のことでしょうか。クラウドとは、雲という意味で、クラウドコンピューティングを略した言葉です。つまりパソコンに保存していた情報を、インターネット上に保存する使い方のことです。クラウドサービスを利用することで、ネット環境さえあれば、どのパソコンからでもデーターを編集したりアップロードしたりできるようになるのです。

クラウド型請求書には、さまざまなメリットがあります。ネット環境さえあれば、請求書を作成することができるため、他のパソコンやスタッフとも情報を共有できるようになりました。エクセルによる管理が必要でなくなると、請求書の管理に必要だった人件費やコストを削減できるようになるのです。また、見積書をワンクリックで請求書に返還できたり、請求書を顧客にメール送信できたりするメリットもあります。

クラウド型請求書を使用することで、ビジネス上の不便さを軽減することができ、多くのメリットがあるのです。エクセル請求書を作成して送付することで代金を回収することができますが、請求書を作成して保存するには、時間や手間がかかり、人件費やコストが必要となっていました。クラウド型請求書を利用することで、請求書の管理がより効率的になるだけでなく、ビジネスがよりスマートになるのです。

■3)エクセル請求書はもう古い?

これまで活用されてきたエクセル請求書とは、エクセルを使って作成された請求書のことで、提供された商品やサービスに対して、代金の支払いを請求するための書類のことです。請求書によって代金を回収できますから、会社にとっては非常に重要な書類となります。エクセル請求書は、無料でダウンロードすることができ、見た目の良いテンプレートを作成できるのが特徴でした。

最近では、よりスマートにビジネスを進めるため、クラウド型請求書が使用されるようになり、より効率的に作成できる請求書が利用されるようになっています。クラウド型請求書とは、このクラウドサービスを利用して作成する請求書のことです。インターネット上で請求書を作成することで、ネット環境さえあれば、どこからでも請求書を管理することができるようになっているのです。

■クラウド型請求書のまとめ

ビジネスにおいて、請求書の管理や送付は非常に重要な役割を果たしています。請求書をより効率よく作成することで、代金の回収をより確実にすることができ、ビジネスもよりスマートになります。クラウド型請求書を活用する際には、会社の好みのスタイルを考えるだけではなく、取引先の会社が好むような請求書を使うように心がけましょう。

クラウド型請求書を導入することで、ネット環境さえあれば、どこからでも請求書の内容を更新できますし、他のパソコンやスタッフとの共有が簡単になります。これからますます普及してくると思われるクラウド請求書、いち早く導入してみてはいかがでしょうか。