学生やフリーターの確定申告|バイト代で引かれた税金はどうなるの?

バイト代から天引きされた税金を確定申告で取り戻すには

学生
学生やフリーターのバイト代はきちんと年末調整されていますか? 通常、会社員同様に会社が年末調整をしてくれて、払いすぎた税金は還付されますが、年末調整されなかった場合は、払いすぎた税金は戻ってこないのでしょうか? 実はそんな時のために確定申告があるのです。確定申告をすることによって税金が戻ってくることがあります。手続きは難しくないので年明け2月から申告できるのでチャレンジしましょう。(※2015年の確定申告期間は、2015年2月16日(月)〜3月16日(月)です。)

[目次]
■1)確定申告に必要な書類
■2)申告書の記入
■3)申告書の提出
■まとめ)学生やフリーターの確定申告:「バイトで引かれた税金を取り戻す」
ダウンロードページはこちら
クラウド確定申告ソフト今すぐ使える

■1)確定申告に必要な書類

書類
バイト代の確定申告には必要な書類が大きく2つあります。1つ目はバイト先の会社が用意する源泉徴収票、2つ目は税務署が用意している確定申告書(B様式)です。

バイト代以外の収入(株での売買益・配当、雑所得など)がある人や、国民年金保険料・国民健康保険料・生命保険料などの控除を受けたい人は、収入や保険料の支払いを証明する書類が必要になります。

・源泉徴収票

バイトの場合、バイト先の会社が源泉徴収票を出してくれないことがあります。しかし、所得税法という法律で、会社が給料から税金を天引きした場合には、会社は源泉徴収票を発行しなくてはいけないことになっています。給与明細を見て税金が天引きされているときは、会社に源泉徴収票の発行をお願いしてください。バイト先が複数ある場合は、複数分用意します。

・確定申告書(B様式)

申告書は税務署で用紙をもらえますが、インターネットで国税庁ホームページからダウンロードをすることもできます。ちなみに、確定申告書にはA様式というものもありますが、これは年末調整をした人向けのため、年末調整を受けなかったバイト代の場合にはB様式を使用します。

※参照1)国税庁「確定申告書等作成コーナー」
※参照2)電子政府の総合窓口「e-Gov」

■2)申告書の記入

申告書記入
さて、確定申告書の用紙を見てみましょう。「収入金額等」に「給与」欄があります。バイト代は給与所得ですので、この欄を中心に関連項目欄を記入することになります。具体的な記入や計算の仕方は、税務署で用紙と一緒にもらえる「所得税及び復興特別所得税の確定申告の手引き」(以下、省略して「手引き」と呼びます)に詳しく書いてあります。「手引き」は国税庁ホームページからダウンロードすることもできます。

申告書の記入方法は、以下の3通りあります。

・(1)手計算して申告書の用紙に手書きで記入する。
・(2)国税庁ホームページの「確定申告等作成コーナー」で「書面提出」を選択して入力して最後にプリントアウトする。
・(3)国税庁ホームページの「確定申告等作成コーナー」で「e-Tax」を選択して入力して最後にデータを送信する。

この中でおすすめなのは(2)です。理由は、(1)は手計算のため手間がかかり、計算ミスの可能性もあるからです。その点、(2)・(3)は源泉徴収票の内容を入力するだけで国税庁ホームページが自動計算してくれるので楽です。が、(3)のe-Taxを選択すると、住民基本台帳カードと電子証明書を区市町村役所に作成してもらわなければならず(有料)、データを送信するためのICカードリーダーを購入しなければならないため、事前準備と費用が必要だからです。

(2)の方法だと、必要事項を入力し、自動計算されたものがPDFファイルになるので最後にプリントアウトするだけで済みます。プリンターのない人は、PDFファイルを見ながら、税務署でもらってきた紙の確定申告書の用紙に、自動計算結果を手書きで転記すれば計算ミスを防げます。

紙の用紙で手計算+記入する場合は、「手引き」を参照しながら、「申告書(第一表)」の「給与」欄に、収入金額と給与所得控除後の金額を計算して記入します。さらに、「申告書(第二表)」の「所得の内訳」欄に源泉徴収票の内容を記入し源泉徴収税額を計算して、「申告書(第一表)」の「所得税及び復興特別所得税の源泉徴収税額」欄に記入します。

バイト先が複数あり、源泉徴収票が複数ある場合は合計します。国税庁ホームページに入力する場合は、給与所得の欄をクリックし、源泉徴収票の内容を入力します。入力された結果は、自動計算されて必要な全部の欄に自動的に数字が入ります。

もし、確定申告者が学生で「勤労学生控除」を受けることができる場合は、「申告書(第二表)」あるいは国税庁ホームページ上の「勤労学生控除」にチェックを入れます。控除金額は27万円です。勤労学生控除を受けることができる条件や控除を受けるために必要な添付書類は「手引き」に詳しく載っています。

バイト代のほかの収入がある場合や、国民年金保険料・国民健康保険料・生命保険料などの控除を受けたい場合は、収入や保険料の支払いを証明する書類をもとに、必要な欄に、計算し記入していきます。

※参照3)国税庁「平成25年分 所得税及び復興特別所得税の確定申告の手引き」

■3)申告書の提出

e-tax
申告書の用紙への記入(あるいはプリントアウト)が済んだら、あとは申告書と源泉徴収票などの必要書類を添付して提出します。添付書類は申告書の添付書類台紙に、貼り付ける場所や方法が決められているため、指示に従って貼り付けます。

さて、申告書類の提出方法には、以下の4つの方法があります。

・a) 管轄の税務署窓口に持参
・b) 管轄の税務署にある収受箱に投函(時間外・土日祝日でも可)
・c) 管轄の税務署に郵送(郵便または信書便で。小包は不可)
・d) e-Taxでデータ送信(e-Taxのための道具や手続きが必要)

a)の方法は、平日の8:30-17:00しか受け付けていませんが、b)~d)の方法は、確定申告期間内であれば時間的な制約は受けません。特に、c)は確定申告期限最終日の消印が付いていれば、税務署への確定申告書類の到着が期限を過ぎていてもOKですので、締め切り間際の駆け込み申告のときには便利です。

※参照:国税庁HP

まとめ)学生やフリーターの確定申告:「バイトで引かれた税金を取り戻す」

確定申告は実際にやってみると意外に簡単です。特に、バイト代から天引きされた税金の還付の場合だけであれば、必要書類も少なく、記入・入力する欄も限られています。がんばって確定申告をして払いすぎた税金を取り戻しましょう。

経理・決算、税金の基礎についてもっと詳しく知るには

経理や決算、税金の計算は、会社を設立した以上避けては通れないもの。何から始めていいかもわからないという方は、まずはその全体像を掴みましょう。
このガイドでは初めて経理や決算を行うという方を対象に、その入門となる知識をご紹介します。経理や決算にどんな作業が必要で、税金とは具体的に何を指すのか。
このガイドでスムーズに経理業務をスタートしていただければ幸いです。

ebook_keiri_cover-small

目次

  1. 会社の経理を始めるために
  2. 法人の決算に必要なものまとめ
  3. 貸借対照表で会社の資産状況を把握しよう
  4. 損益計算書で会社の利益を把握しよう
  5. 法人のための税申告・納付まとめ
  6. 法人にかかる税金は9種類もある
  7. 税金を滞納したら、どんな罰則がある?
  8. 法人のための節約のコツ
無料でダウンロード
無料でダウンロード