これは便利!必要経費の一覧表テンプレート【個人事業主・中小企業】

エクセルやワードを利用した必要経費の一覧表が使いやすい!

必要経費
年末になると、年末調整や確定申告が恒例の行事となっていますが、個人事業主や中小企業の方にとっては、どんな費用が必要経費として所得税控除の対象となるかが気になるところでしょう。

時代の流れに伴って、必要経費として認められる範囲も改正されており、最新の内容を確認しておく必要があります。必要経費の項目は多岐にわたっており、簡単に活用できる一覧表があると便利です。ここでは、必要経費を管理する一覧表テンプレートについてご紹介したいと思います。

[目次]
■1)必要経費って何?
■2)必要経費一覧表テンプレート
■3)必要経費一覧表に含まれる項目
■4)テンプレートを活用するメリット
ダウンロードページはこちら
クラウド確定申告ソフト今すぐ使える

■1)必要経費って何?

必要経費一覧表のテンプレートについてご紹介する前に、そもそも必要経費とは何かという点を見ておきましょう。つまり必要経費は、収入を得るために必要な費用で、収入金額のうち所得にあたらない部分といえます。

個人事業主や中小企業の方の場合、確定申告をして所得税などを納付する必要がありますが、必要経費が多ければ多いほど、納付する所得税が少なくなるのです。それでは、必要経費一覧表のテンプレートについてご紹介しましょう。

■2)必要経費一覧表テンプレート

必要経費として計上できるものは多岐にわたっており、一覧表を活用することで漏れを防ぐことができます。最近ではネット上から、必要経費一覧表のテンプレートを無料でダウンロードできるようになっており、最も簡単に使えるのは、エクセルやワードを利用したスタイルのものです。以下に、無料でダウンロードできる、必要経費一覧表のテンプレートをご紹介します。

・ビジネステンプレートファクトリー

ビジネステンプレートファクトリー
▶︎ビジネステンプレートファクトリーHPはこちら
とてもシンプルで使いやすい経費精算書となっています。経費内訳と承認印などの項目があり、金額欄も自動的に計算してくれます。

・経費精算書 エクセルテンプレート

経費精算書エクセルテンプレート
▶︎経費精算書 エクセルテンプレートHPはこちら
エクセルで作成できるシンプルな経費精算書のテンプレートで、承認印を押す項目が2箇所あるのが特徴です。

・経費精算書 ビジネス文書.com

経費精算書ビジネス文書.com
▶︎経費精算書 ビジネス文書.comのHPはこちら
ワードで作成できる立替経費精算書です。ワードに使い慣れている方には、便利なテンプレートになっています。

・無料テンプレート

無料テンプレート
▶︎無料テンプレートHPはこちら
エクセルで作成できる経費精算書で、備考欄が多く、合計欄があるタイプとないタイプを選ぶことができます。

■3)必要経費一覧表に含まれる項目

必要経費の一覧表は、次のような項目に分けて管理することができます。

仕入れ → 販売した商品の仕入高や製造原価

減価償却費 → 法定耐用年数に応じて費用として計上する償却資産額

地代家賃 → 事務所や店舗の賃借料やリース代

水道光熱費 → 電気代、ガス代、水道代

通信費 → 郵便代、電話代、インターネット回線料、宅配便代

福利厚生費 → 飲み物や洗剤などの備品、忘年会や社員旅行などの費用

旅費交通費 → 電車、バス、タクシーなどの交通費

接待交際費 → 取引先などに対する飲食代や贈答品代

広告宣伝費 → 新聞や雑誌などへの広告代、ダイレクトメールの料金

損害保険料 → 火災保険、自動車保険など

修繕費 → 建物や機械、備品などの管理修繕費用

消耗品費 → 事務用品など耐用年数が1年未満で、価格が10万円未満のもの

荷造運賃費 → 荷造りに必要な費用

租税公課 → 事業関係で支払う税金

給料賃金 → 従業員へ支給される給与や賞与

専従者給与 → 経営者と生計が同じの家族に対する給与

外注工賃 → 外部業者へ発注した時の費用

利子割引料 → 借入金の利子や手形の割引料など

雑費 → いずれの費用にも属さない費用

■4)テンプレートを活用するメリット

必要経費は会社の業務内容によって多岐にわたっており、管理するのは決して容易ではありません。必要経費一覧表のテンプレートを活用することで、簡単かつスマートに会計管理することができるようになるのです。ネット上では、様々なスタイルのテンプレートをダウンロードすることができますから、会社の業務に適した一覧表を選ぶことができるでしょう。

必要経費一覧表を活用して正確に管理できれば、確定申告の際に必要経費として申告できるため、所得税の控除額を増やすことができ、より多くの還付金を受けることができます。そのため必要経費一覧表を活用することで、有効な節税対策として活用することができるのです。

■まとめ|必要経費一覧表テンプレート

エクセルやワードを利用した必要経費一覧表は、テンプレートによりレイアウトが異なっていますが、基本的には対象日時、承認印、経費内訳などの項目に分かれています。一覧表によって項目が異なりますから、会社の業務に適したテンプレートを選ぶようにしましょう。確定申告では所得控除の対象となる必要経費を申告しますから、きちんと管理することで必要経費を増やすことができ、所得税を安くすることができるのです。必要経費を正しく管理して、節税対策をしましょう。

経理・決算、税金の基礎についてもっと詳しく知るには

経理や決算、税金の計算は、会社を設立した以上避けては通れないもの。何から始めていいかもわからないという方は、まずはその全体像を掴みましょう。
このガイドでは初めて経理や決算を行うという方を対象に、その入門となる知識をご紹介します。経理や決算にどんな作業が必要で、税金とは具体的に何を指すのか。
このガイドでスムーズに経理業務をスタートしていただければ幸いです。

ebook_keiri_cover-small

目次

  1. 会社の経理を始めるために
  2. 法人の決算に必要なものまとめ
  3. 貸借対照表で会社の資産状況を把握しよう
  4. 損益計算書で会社の利益を把握しよう
  5. 法人のための税申告・納付まとめ
  6. 法人にかかる税金は9種類もある
  7. 税金を滞納したら、どんな罰則がある?
  8. 法人のための節約のコツ
無料でダウンロード
無料でダウンロード