【個人事業主必見】確定申告の書類の書き方完全ガイド

確定申告書の作成って結構面倒ですよね?

kakutei_kakikata
確定申告の受付終了まであとわずかです。そろそろ焦り始めている方もいらっしゃるのではないでしょうか。今回はそんな方のために、確定申告の書類の書き方についてまとめました。
kakutei

確定申告書の種類

必要な確定申告書を以下に従って選択してください。

確定申告書A:所得の種類が給与所得・雑所得・配当所得・一時所得の4種類のみの方。
主な対象者:サラリーマン

確定申告書B:事業所得など、「給与所得・配当所得・一時所得・雑所得」以外の所得がある方。
主な対象者:個人事業主

確定申告書第三表(分離課税用):株の譲渡や土地建物の譲渡など、分離課税対象の所得がある方。
主な対象者:株主

確定申告書第四表(損失申告用):純損失や雑損失など繰越控除がある方。
主な対象者:赤字を出した個人事業主

それぞれの申告書を印刷する場合、こちらのサイトからダウンロードできます。

確定申告書を作成する

スクリーンショット 2015-01-27 23.32.48

1.基本情報を記入しよう

スクリーンショット 2015-02-10 17.59.23

(1)「住所」の欄について
① 自宅と事務所が同じ場合:その住所だけを記載
② 自宅と事務所が別々の場合:上に「事務所」、下に「自宅」を記載

(2)「生年月日」の欄について
明治 :1
大正 :2
昭和 :3
平成 :4 を一番左の欄に記載します。

上記の例は昭和23年8月1日生まれの場合となります。

2.収入金額等、所得金額を計算して記入しよう

■1)事業所得

事業所得

■2)不動産所得

不動産所得

■3)利子所得

利子所得

■4)配当所得

配当所得

■5)給与所得

給与所得

■6)雑所得

雑所得

■7)譲渡所得

譲渡所得

■8)一時所得

一時所得

3.所得から差し引かれる金額(所得控除)を計算して記入しよう

■1)雑損控除

スクリーンショット 2015-02-10 22.09.38

■2)医療費控除

スクリーンショット 2015-02-10 22.09.05

■3)社会保険料控除

スクリーンショット 2015-02-10 22.09.54

■4)小規模企業共済等掛金控除

スクリーンショット 2015-02-10 22.10.11

■5)生命保険料控除

スクリーンショット 2015-02-10 22.10.46

■6)地震保険料控除

スクリーンショット 2015-02-10 22.10.59

■7)寄附金控除

寄附金

■8)寡婦、寡夫控除

スクリーンショット 2015-02-10 22.11.24

■9)勤労学生控除

スクリーンショット 2015-02-10 22.11.36

■10)障害者控除

スクリーンショット 2015-02-10 22.11.54

■11)配偶者(特別)控除

スクリーンショット 2015-02-10 22.12.06

■12)扶養控除

スクリーンショット 2015-02-10 22.12.51

■13)基礎控除

スクリーンショット 2015-02-10 22.13.08

4.税金を計算して記入しよう

■1)課税される所得金額

スクリーンショット 2015-02-11 17.59.09

■2)上の(26)に対する税額

スクリーンショット 2015-02-11 17.59.24

■3)差引所税額得

スクリーンショット 2015-02-11 17.59.45

■4)再差引所得税額

スクリーンショット 2015-02-11 17.59.58

■5)復興特別所得税額

スクリーンショット 2015-02-11 18.00.10

■6)所得税及び復興特別所得税の額

スクリーンショット 2015-02-11 18.00.23

■7)所得税及び復興特別所得税の申告納税額

スクリーンショット 2015-02-11 18.00.40

■8)所得税及び復興特別所得税の第3期分の税額

スクリーンショット 2015-02-11 18.00.53

5.「その他」「還付される税金の受取場所」に必要事項を記載しよう

■1)配偶者の合計所得金額

あなたが、配偶者特別控除を受ける場合に、配偶者の平成26年分の合計所得金額を記入する。

■2)専従者給与(控除)額の合計額

青色申告決算書の「専従者給与」を第一表の「その他」の専従者給与(控除)額の合計額の欄に転記する。
スクリーンショット 2015-02-11 18.57.21

■3)青色申告特別控除額

あなたが、青色申告を申請する場合に、配偶者の平成26年分の合計所得金額を記入する。
スクリーンショット 2015-02-11 18.57.30

6.住民税を計算して記入しよう

■1)16歳未満の扶養親族

あなたに、16歳未満の扶養親族がいる場合に、必要事項を記入します。

■2)寄附金税額控除

あなたが、ふるさと納税など、寄附金を納めた場合に、必要事項を記入します。

■3)給与・公的年金等に係る所得以外の所得に係る住民税の徴収方法の選択

給与から住民税を差し引くことを希望する場合には、「給与から差引き」に◯をし、給与から差し引かないで別に納付することを希望する場合には、「自分で納付」に◯をします。

7.事業税を計算して記入しよう

■)「非課税所得など」の番号は、以下の1~10で当てはまるものを記載する

①複数の事業を兼業している方で、そのうち次に示す事業より生ずる所得がある場合

1.畜産業から生ずる所得(農業に付随して行うものを除く)
2.水産業から生ずる所得(小規模な水産動植物の採捕の事業を除く)
3.薪炭製造業から生ずる所得
4.あんま、マッサージ又は指圧、はり、きゅう、柔道整復その他の医業に類する事業から生ずる所得 ※ただし、両眼の視力を喪失した人又は両眼の視力(矯正視力)が0.06以下の人が行う場合は事業税が課されないので「10」を記入する。
5. 装蹄師業から生ずる所得

② 次に示す非課税所得がある場合

6. 林業から生ずる所得
7. 鉱物掘採(事)業から生ずる所得
8. 社会保険診療報酬等に係る所得
9. 外国での事業に係る所得(外国に有する事務所等で生じた所得)
10. 地方税法第72条の2に定める事業に該当しないものから生ずる所得

■まとめ

まとめ
いかがでしたでしょうか。今回は確定申告書の書き方のみに特化して紹介していきました。もし、「所得税ってどんな控除があるの?」「医療費控除の受け方知りたいんだけど」といった細かい知識や、控除を受ける方法などについて知りたい方は、このページの検索窓から検索するか、もしくは確定申告ガイドをご利用ください。
kakutei