個人事業主が実践すべき「週末10分経理」のすすめ|クラウド会計ソフトを使う3つのメリット

kuraudo-kaikeisohuto

通常、経理作業と聞くと「大変…」というイメージがあると思いますし、クラウド会計ソフトを導入されている方の中でも「取引をちゃんと更新し続けるのは大変だろうなぁ…」と思っていらっしゃる方も多いかと思います。

 そこで今回は、元ブランド企業経理責任者が、クラウド会計ソフト特有のメリットを活かして、会計情報の更新を「ラクに・簡単に・継続する」コツについてご紹介いたします。

ダウンロードページはこちら
法人にピッタリ!会計ソフト

1)毎週の作業は10分で完了

 クラウド会計ソフトは、連携している事業口座(銀行口座・クレジットカード等)から自動的にデータ取得してくれるため、以下のメリットがあります。

1. 通帳記帳する手間がない
2. 会計入力する手間がない
3. 間違えない

この1.2.もとても有り難いことですが、実は、3.のメリットは相当なものがあります。
と言うのも、経理の経験者の方なら体験があると思いますが、例えば、3時間かけて入力した会計データの残高が1円間違えたとして、その間違いを見つけるのに3時間かかるというケースはザラにあります。

※例えば、「69,963円」を「69,693円」と打ち間違えても、パッと見ても分かりにくいのです…
クラウド会計ソフトでは、ネット連携自動取込により、口座を通した取引(入金・出金)がすべて取り込まれます。(つまり、間違いようがないのです。)

あとは、この取引を仕訳として登録する必要があるのですが、クラウド会計ソフトfreeeを使った場合、「自動で経理」という機能で、ほとんどの仕訳が自動的に推測・登録されるので、「確認」して「登録」をする作業だけで済みます。

さらに、溜めてしまうと大変な現金精算のレシートや領収書も、スマホ用アプリでレシートを撮影(もしくはScansnapでスキャン)し、「確認」して「登録」するだけで完了です。

以上の作業は、事業の種類と規模によりますが、多くのスモールビジネスでしたら「10分」で完了します。

2)「週末10分経理」のすすめ

 1)の作業を、毎週末(土日)のどこかで行うことをオススメしています。

なぜかというと、週末に行うことによって

・その週の平日の銀行口座の取引が完了している
・安定して時間を取りやすい
・記憶が新しいので取引の内容がすぐわかる
・翌月曜日に週次レポートが送られてくる

というメリットがあるからです。

これを「週末10分経理」と呼んでいます。
週末10分経理でやることは、非常にシンプルで

1. レシートをファイルボックスに登録する(スマホ撮影・スキャン)
2. パソコン版freeeを開いて、全ての口座の同期をする
3. 「自動で経理」で未処理の取引を登録する
4. ファイルボックスからレシートの仕分けをする
5. 収支レポートを眺める

以上のみです。

3)週末10分経理の積み重ねで、スマートに月次決算

 週末10分経理が習慣づいたら、月次決算は実に簡単です。

 まず、常に取引が登録されているので「あれ?このお金なんだっけ?」と時間を取るということがありません。また、現金精算のレシートや領収書も、毎週処理しているので「レシートの束が溜まってしまって…」ということもありません。あとは、月末特有のいくつかの処理をするだけで、企業が経理スタッフを1〜2名雇わなければできなかった月次決算が、自分一人で簡単にできるのです。

月末特有の処理には、以下のようなものがあります。

・請求書を会計freeeで発行
・給与を給与freeeで計上
・交通費の計上(月末にまとめて精算の場合)
・取引先からの請求書(買掛金管理をしたい場合)
・個人事業主で事業経費として計上したい家事経費
(家賃・水道光熱費・携帯電話などの事業按分)

以上の項目は、金額は毎月多少変動はありますが、仕訳の内容は毎月同じですので「取引テンプレート」に登録して、使うのがとても簡単です。
この「週末10分経理」の積み重ねと、月末処理とで毎月の経理処理はほぼ完璧です。そして、スマートに「月次決算」が実現するのです。

この月次決算の分析・活用方法は、こちらの記事にまとめていますので、是非ご覧ください。

〈参考〉【経営者必見】月次決算のデータを分析して大企業並みに有効活用する5つのコツ

また、仕訳や内容についてご心配な方は、freee認定アドバイザーなどに毎月チェックを依頼することができますし、年末の確定申告前にまとめて確認してもらうこともできます。
とにかく大切なことは、ご自分でリアルタイムに経理情報を更新して活用することです。「週末10分経理」を是非、実践してみてください。

————
この記事は、ビジョナーズ 西宮 鉄二様に寄稿いただきました。
経営ハッカーでは、記事制作にご協力いただける方を募集しております。
お申し込みはこちらから

経理・決算、税金の基礎についてもっと詳しく知るには

経理や決算、税金の計算は、会社を設立した以上避けては通れないもの。何から始めていいかもわからないという方は、まずはその全体像を掴みましょう。
このガイドでは初めて経理や決算を行うという方を対象に、その入門となる知識をご紹介します。経理や決算にどんな作業が必要で、税金とは具体的に何を指すのか。
このガイドでスムーズに経理業務をスタートしていただければ幸いです。

ebook_keiri_cover-small

目次

  1. 会社の経理を始めるために
  2. 法人の決算に必要なものまとめ
  3. 貸借対照表で会社の資産状況を把握しよう
  4. 損益計算書で会社の利益を把握しよう
  5. 法人のための税申告・納付まとめ
  6. 法人にかかる税金は9種類もある
  7. 税金を滞納したら、どんな罰則がある?
  8. 法人のための節約のコツ
無料でダウンロード
無料でダウンロード