話題に乗り遅れるな!情報収集が捗るニュースアプリ11選

smartphone
フリーランスや個人事業主の方は特にそうですが、情報をキャッチすることがビジネスマンの必須のスキルとなっています。ネットのニュースなどを読んでいるという人もいると思いますが、自分に関係のないニュースを読んでいる時間が実は長いという人も多いのではないでしょうか。今回は、情報収集が捗るアプリをいくつか紹介します。

クラウド確定申告ソフト今すぐ使える
ダウンロードページはこちら

1)スマートニュース

キュレーションアプリとして、有名なのがスマートニュース。電車などでは電波が通じず、ニュースを読むことができないアプリもありますが、スマートニュースは圏外であっても記事を読むことができます。豊富な話題を提供してくれるアプリであるため、まずスマホに入れておきたいアプリの1つでしょう。

2)グノシー

スマートニュースに並んで、多くの人が利用しているのがグノシーです。スマートニュースはどちらかというと多くの人が読んでいるニュースが読むことができるのに対して、グノシーは自分の関心があることに刺さる記事を多く配信してくれます。

3)LINE NEWS

コミュニケーションツールのLINEが配信しているニュースがLINE NEWSです。こちらはスマートニュースやグノシーと違い、ニュースをまとめて記事に再構成しなおしているのが特徴だといえるでしょう。少ない時間でパパっと知りたい情報を得るためには最適のアプリです。

4)Antenna

Antennaは、どちらかというとライフスタイルや女性向けの情報が多く集まるアプリ。流行の最先端の情報やカジュアルな情報を得たいのであれば、Antennaを使ってみるのもいいかもしれません。

5)Yahoo!ニュース

パソコンでYahoo!ニュースを見るという方も多いでしょう。実はアプリとしてもYahoo!ニュースがあるのはご存知でしたか?

パソコン版同様、知っておくべきニュースがまとまっており、国内・国外問わずトップニュースをすぐに見つけることができるアプリとなっております。

6)NewsPicks

スマホ版の経済誌ともいわれているのがNewsPicksです。著名な企業家やコメンテーターが自分の意見をコメントとして残しているので、自分にはない視点で記事を見つけることができるのも特徴だと言えるでしょう。

7)Presso

「はてなブックマーク」と呼ばれる、ソーシャルブックマークサービスでキュレーションされた記事を中心に配信されているのがPressoです。ニュースというよりは、ライフハックやエンタメ情報が多く集まるアプリだと言えるのではないでしょうか。

8)Flipboard

キュレーションアプリの先駆けともいえるのがアメリカ生まれのFlipboardです。ニュースがパネルのような操作とビジュアルでまとまっており、非常に美しくまとまっています。

9)Niid

日経が提供しているニュースアプリがNiidです。こちらは、膨大な日経の記事から1日(平日のみ)1つのトピックに対して掘り下げて解説をしてくれます。非常に良いコンテンツが集まっており、詳しくニュースのトピックに知りたいときは便利なアプリだと言えるでしょう。

10)Vingow

Vingowは自分の関心を「タグ」として登録することで、キュレーションを自動的に行なってくれるアプリとなります。大きな特徴は、記事の要約を自動的にしてくれること。中身を読まなくても要約だけである程度の情報を知ることができます。

11)カメリオ

カメリオは自分の読みたい記事の「テーマ」を選択することで、収集を自動的に行ってくれるアプリです。それだけでなく「特集」と呼ばれる注目のテーマを紹介するコーナーがあり、そちらで自分の興味・関心を広げることができます。

また、公式チャンネルをフォローすれば、お気に入りのメディアの記事を読むこともできます。(経営ハッカーもカメリオの公式チャンネルになりました。ぜひ登録してみてください)

まとめ

今回は、ニュースアプリをいくつか紹介しました。様々なニュースアプリがあり、それぞれの特色があります。自分のスタイルに会ったニュースアプリを選んで、効率よく情報を集めることが、今必要なのではないでしょうか。

経理・決算、税金の基礎についてもっと詳しく知るには

経理や決算、税金の計算は、会社を設立した以上避けては通れないもの。何から始めていいかもわからないという方は、まずはその全体像を掴みましょう。
このガイドでは初めて経理や決算を行うという方を対象に、その入門となる知識をご紹介します。経理や決算にどんな作業が必要で、税金とは具体的に何を指すのか。
このガイドでスムーズに経理業務をスタートしていただければ幸いです。

ebook_keiri_cover-small

目次

  1. 会社の経理を始めるために
  2. 法人の決算に必要なものまとめ
  3. 貸借対照表で会社の資産状況を把握しよう
  4. 損益計算書で会社の利益を把握しよう
  5. 法人のための税申告・納付まとめ
  6. 法人にかかる税金は9種類もある
  7. 税金を滞納したら、どんな罰則がある?
  8. 法人のための節約のコツ
無料でダウンロード
無料でダウンロード