マイナンバー配布直前!最低限知っておくべき基礎知識

mynumber
いよいよ通知が迫ったマイナンバーですが、対応や準備は進んでいますか?準備が煩雑であることや、制度自体がよくわかっていないため、なかなかマイナンバーそのものを理解できていない人も多いでしょう。

今回は、マイナンバー直前に最低限知っておくべき基礎知識について、簡単にまとめました。よりわかりやすく具体的な内容は「2分でわかるマイナンバー|マイナンバー制度とは?」をご覧ください。

1)マイナンバー制度とは

マイナンバー制度とは、個人や法人に固有の番号を与えることで、手続きを簡単に行えるようにしようというものです。個人には12桁、法人には13桁の番号がそれぞれ与えられます。

マイナンバーの漏洩は厳しい罰則を受けてしまうこともあり、知らなかったでは済まされない国民生活には欠かせない制度となっております。

2)マイナンバーのスケジュールと2つのカード

マイナンバー制度の開始は2016年1月からとなっておりますが、マイナンバーの通知は2015年10月より開始されます。郵送されてくるため、間違って捨てることがないように気をつけましょう。

当初送られてくるカードは「通知カード」と呼ばれるものです。同梱されている書類を送ることで、マイナンバーカードへとグレードアップすることができ、マイナンバーカードは身分証明書として利用することもできます。

しかし、番号に関しては簡単に明かしてはいけない情報となるので、マイナンバーカードを身分証明書として提示するときは番号の部分を隠して利用することになります。
mynumber

3)マイナンバーの利用範囲と用途

マイナンバーは個人情報よりさらに上の「特定個人情報」とされています。行政機関だけでなく、会社であっても、法律に定められた以外での利用は認められておりません。

税金や保険の手続きに必要となるので、会社に勤めている場合は会社にマイナンバーを通知する必要があります。

4)マイナンバーの将来的な利用方法

マイナンバーは、「マイナポータル」と呼ばれるサイトで情報を一元的に見ることができるようになります。

また、マイナンバーの使用用途は段階的に広がる可能性があり、最終的には様々な活動がマイナンバーによって便利になることが期待されます。

まとめ

マイナンバー制度について、今知るべき内容を駆け足でお伝えしました。より詳しくわかりやすい内容は「2分でわかるマイナンバー|マイナンバー制度とは?」という動画で確認することができますので、一度見てみてはいかがでしょうか?

マイナンバー制度についてもっと詳しく知るには

すべての国民に番号をつけて、税・社会保障関連の手続きに活用される「マイナンバー制度」。2015年10月からマイナンバーの通知が始まります。そして、2016年1月にマイナンバー制度が開始します。
制度開始まで間もないですが、どのような制度なのかまだ調べている段階で対策にまで手が回っていない方がほとんどかと思います。
このガイドでは、マイナンバーのスケジュールやその他知っておきたい基本知識など、マイナンバーを理解するのに必要な情報を全てまとめました。
本ページを活用して、マイナンバーをマスターして有効に使いましょう!

ebook_mynumber (new)

目次

  1. 今さら聞けないマイナンバー制度とは?
  2. 制度開始までのスケジュール
  3. 収集時の本人確認の方法
  4. 保管に必要な安全管理措置
  5. マイナンバーを提供していい範囲とは?
  6. 法定調書への記入・提出方法・注意点
  7. マイナンバーによる年末調整の変更点
  8. マイナンバーに関してよくある質問10選
無料でダウンロード
無料でダウンロード