「マイナンバー詐欺」流行中!手口と犯罪に巻き込まれないための対策とは

sagi マイナンバー制度が開始されることもあり、各地でマイナンバーを利用した詐欺事件が多発しています。国民全員に配布されるわけですから、様々な手口があることも予想できるのではないでしょうか。今回は、マイナンバー詐欺について、現在の手口と対策をまとめました。

1)マイナンバー詐欺、その手口は

マイナンバー詐欺が各地で発生していると言われていますが、どのような手口のものが多いのでしょうか?まだマイナンバーが通知されていないため、マイナンバーを教え、そのマイナンバーを漏らしてしまったことによる罰金と称してお金を騙し取るケースが多いようです。

もしくは、政府や自治体の職員を名乗り、マイナンバー通知後に番号を通知するように呼びかけをしたり、別の個人番号を便乗して盗み取ったりするケースもあるそうです。

2)マイナンバー詐欺、現段階での対策とは

マイナンバー詐欺に合わないようにするには、マイナンバー制度についてよく知っておく必要があります。ここでは、簡単に押さえておくべきポイントを紹介いたします。

マイナンバーの通知は簡易書留でしか行われない

マイナンバーの通知カードの配布は郵便の簡易書留でしか行われません。そのため、電話越しにマイナンバーを伝えることや、訪問によってマイナンバーを伝えるようなことは絶対にありえませんので注意が必要です。

番号を聞かれたときは目的を明かす必要がある

マイナンバーで通知された番号ですが、基本的に自分と利用することが認められた人以外に簡単に明かして良いものではありません。また、マイナンバーを利用するときは利用目的を明らかにしなければなりません。そのため、目的もなくマイナンバーを収集するようなことは原則ないと言っていいでしょう。

簡単にまとめると、マイナンバーを聞き出すような電話や訪問営業は基本的に正式なものではありません。また、もしマイナンバーを聞き出されても、税務や社会保障の用途で用いない場合は教えてはならないということになります。

3)これからも起きるマイナンバー詐欺

通知が始まれば、さらにマイナンバー詐欺の手口は狡猾になっていくと思われます。やはりマイナンバー制度についてよく知っておくことが重要な対策になります。「自分は関係ない」という意識がマイナンバー詐欺の被害を生み出してしまう可能性があるのです。

まとめ

マイナンバー制度の開始やマイナンバーの通知はすぐそこに迫っています。マイナンバー詐欺の被害に遭わないためにも、今からでも遅くないので、マイナンバーに関する知識を身につけることが大切だと言えるでしょう。